善玉菌 増やす 方法,善玉菌を増やす食べ物

善玉菌を増やす方法は?※2つの対策を行うことが大切だった

 

腸内環境が良い状態だとお腹の調子が良くなるだけではなく、お肌や精神面においても良い影響を与えてくれます。

 

やはり、腸内環境はできるだけ良い状態にして、これを保てるようにしていきたいものですね。

 

良い腸内環境を作りだし、その腸内環境を維持していくためには腸内細菌のうち善玉菌を豊かにしていくことが大切になります。

 

ここでは、腸内の善玉菌を増やす方法や善玉菌を増やすのに役立つ食べ物についてご紹介しています。

 

参考にしてみてくださいね。

 

 

 

善玉菌を増やす方法は、この2つ

腸内環境を良い状態にするには、とにかく「腸内で善玉菌がたくさん居る状態を維持していくこと」が重要になります。

 

そして、腸内の善玉菌を増やすには、この2つの方法があります。
↓↓

  • 善玉菌を補給
  • 腸内の既存善玉菌を増やす

善玉菌を補給

腸内の善玉菌を増やすには、やはり、食べ物やサプリメントなどを活用して乳酸菌やビフィズス菌といった善玉菌を積極的に補給していくことが効果的です。

 

なぜなら、腸内にすでに居る善玉菌は一度腸内に住み着いたらそのままずっと住み続けるというものではなく、便やおならなどと一緒に排出されてしまうものだからです。

 

そのため、腸内環境を良い状態に保っていくためには定期的に乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌を補給していくことが大切になります。

 

また、腸内の善玉菌は便やおならとともに排出されるだけではなく、ストレスや加齢によっても減少しがちになります。

 

どんな方でも腸内環境を良い状態に維持していくためには善玉菌を食べ物やサプリメントなどである程度は補給していかなければなりませんが、ストレスが多い方や腸の老化が気になる年齢の方はより積極的に善玉菌を補給するのがおすすめです。

 

腸内の既存の善玉菌を増やす

腸内の善玉菌の数を増やしていくには、食べ物などで外から善玉菌を補給するだけではなく、腸内にすでに存在している善玉菌を増やすという手もあります。

 

食べ物やサプリメントで善玉菌を摂る場合には腸との相性があるため思うほど効果が実感できないこともありますが、すでに腸内に存在している善玉菌を増やす対策はわりとお腹の調子の変化を実感しやすいです。

 

善玉菌を食べ物やサプリメントで一生懸命に摂っているのにもかかわらず「お腹の調子がいまひとつ。。」という場合には腸内にすでに居る善玉菌を増やす対策も積極的に行ってみるといいかもしれません。

 

腸内にすでに存在している善玉菌を増やすために効果的な食べ物としてはオリゴ糖や水溶性食物繊維があげられます。

 

オリゴ糖は糖分の一種ですが、オリゴ糖そのものでスーパーなどの量販店で売られていたり、バナナやハチミツなどに含まれてたりします。

 

水溶性食物繊維は水に溶ける性質のある食物繊維で、海藻類やキノコ類、穀物などに多く含まれています。

 

善玉菌を外から補給する対策とともにすでに腸内に存在している善玉菌を増やす対策も行ってみてくださいね。

 

腸内環境を良くするには、とにかく善玉菌を増やすことが大切

腸内細菌は大きく分けて善玉菌、悪玉菌、日和見菌の3つが存在しますが、善玉菌と悪玉菌は日々勢力争いをしています。

 

そして、日和見菌は優勢になった菌に加担して勢力を盛り立ています。

 

そのため、腸内環境を良くしていくためには、善玉菌が常に優勢でいられるように、外から善玉菌を食べ物で補給したり、腸内の既存の善玉菌にエサを与えて増やしていくことが効果的になります。

 

腸内環境を良くするためにはとにかく善玉菌を増やしていくことが大切です。
善玉菌は日々死滅したり便として排出されたりしていますから、一度補給したらいいというものではありません。

 

腸内環境を良い状態に維持していくためには、定期的に善玉菌を増やせるように対策していくことが大切になります。

 

 

善玉菌を増やすおすすめの食べ物は?

これらがあげられます。
↓↓

発酵食品

ヨーグルトやチーズ、味噌、醤油、漬物、キムチなどの発酵食品には乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌が含まれています。

 

毎日の食事に積極的に摂るようにしましょう。
最近人気の酵素ドリンクなども腸内環境を良くして善玉菌が増えやすい環境を作り出してくれるメリットがあります。

 

酵素ドリンクで体内酵素が増えると代謝が良くなるだけではなく、腸内環境が良くなり、栄養がより吸収されやすくなったり、免疫力がアップしたり、セロトニンが増えて精神的に安定しやすくなったりといった効果も期待できます。

 

また、発酵食品が苦手。。という場合や効率良く補給したいなら、はやり乳酸菌サプリメントを活用するのが手軽で便利になります。

 

おすすめの乳酸菌サプリメントを見てみる>>

 

オリゴ糖・グルコン酸

オリゴ糖やグルコン酸は善玉菌の栄養となるものです。積極的に食べる事で効果的に善玉菌が増やせます。善玉菌が増えれば日和見菌も善玉菌となるので積極的に摂ってみて下さい。

 

オリゴ糖は大豆やとうもろこし、ごぼう、ハチミツ、バナナ、味噌、醤油などに、グルコン酸はハチミツや大豆、米、しいたけ、酢やワインなどの発酵食品に含まれています。

 

また、オリゴ糖などは調味料として砂糖売り場などでオリゴ糖が売られていたりします。

 

こちらは日本で一番売れていると言われているオリゴ糖です。
複数のオリゴ糖を組み合わせて配合しているから、腸内の様々な善玉菌を効果的に増やしてくれます。
↓↓詳しく見てみる↓↓

 

食物繊維

食物繊維には、腸内を悪玉菌が苦手な酸性にして悪玉菌を減らしてくれたり、食物繊維のうち水溶性食物繊維は善玉菌のエサとなり腸内の既存の善玉菌を増やす働きがあります。

 

ただ、食物繊維のうち野菜に多く含まれている不溶性食物繊維は摂り過ぎると、かえって便秘を引き起こす原因ともなりますから、適度に摂るように注意していきましょう。

 

食物繊維が多い食品としては、豆類や穀類、野菜、キノコ類、海藻類が挙げられます。
なかでも善玉菌のエサとなる水溶性食物繊維が豊富なのは、キノコ類や海草類になります。

 

水溶性食物繊維は不溶性食物繊維に比べると摂りにくい食物繊維になりますから、小まめに摂るように心がけていきましょう。

 

水溶性食物繊維を手軽に摂りたいなら、とろろ昆布や青汁を活用するのがおすすめです。

 

おすすめの青汁を見てみる>>

 

腸内環境は食べ物で変わる

腸内環境は食べ物で良くもなり、悪くもなります。

 

腸内環境に良いとされている食べ物を積極的に摂ることで本当に腸の調子が良くなるのかと心配される方もいらっしゃるかもしれませんが、実際にアメリカでの研究で次のような結果が発表されています。

 

アメリカ人とアフリカ人に2週間に渡り通常の食事を入れ替えて食べてもらったところ、腸内フローラーが変化して大腸がんのリスクが変化したということです。

 

具体的には、食物繊維が豊富で低脂肪のアフリカ式の食事を摂るようになったアメリカ人の大腸がんリスクが低下して、高脂肪、高たんぱく、低食物繊維のアメリカ式食事を摂ったアフリカ人の大腸がんリスクを表す数値が上昇しました。

 

アフリカ式の食事でアメリカ人の大腸がんリスクを示す数値が低下したのは、善玉菌が増えて、善玉菌が作り出す酢酸の量が増えたためだとされています。

 

酢酸にはO-157などの病原菌の毒素を吸収して抑制したり、腸内を酸性の環境にし悪玉菌を減らして腸内環境を整える働きがあるからです。

 

このように食べ物を2週間変えるだけでも腸内環境は変わってきますから、お腹の調子が気になる方は上記でご紹介した腸にいい食べ物を活用して改善してみてくださいね。

 

腸内環境が気になる方におすすめのアイテム

 

腸内環境の改善におすすめのアイテムをランキング形式でご紹介しています。

 

参考にしてみてくださいね。

 

 

↓↓詳しくは画像をクリックorタップ↓↓

 

 

 

 

おすすめ関連記事

 

 

Sponsored Link

 

 

 

page top