タンパク質 おなら

おならが臭いのはやっぱりタンパク質を食べたせい?!ニオイを軽減さす方法は?

 

「肉や魚を食べるとおならの臭いが臭くなるような気がする。。」

 

こんなことありませんか?

 

実は、これは本当にいつもよりもおならが臭くなっている可能性が高いのです。

 

 

 

タンパク質を摂るとおならが臭くなるワケは

タンパク質を食べると腸内で悪玉菌がこれを分解して「悪臭成分が生成される」ためです。

 

これによりおならが臭くなります。

 

腸内の悪玉菌がタンパク質を分解して生成する悪臭成分としては、アンモニア、硫化水素、インドール、スカトール、揮発性アミン等のガスがあげられます。

 

また、タンパク質を分解して発生したアンモニアや硫化水素等のニオイ成分は、活性酸素を発生させて腸の粘膜を傷つける上に腸管免疫力を抑制して様々な病気を発生させる原因ともなります。

 

こんな風に聞くと、タンパク質の食べ物は摂らない方がいいのかと思ってしまいますね。
しかし、体のためにはタンパク質を摂らないわけにはいきません。

 

タンパク質による臭いおならを解消するには

ではどんな風にしてタンパク質を摂ればおならが臭いにくくなるのかというと、
腸内環境を良くしてくれる乳酸菌やビフィズス菌などの「善玉菌」や「食物繊維」を一緒に食べるようにします。

 

こうすることで、腸内の善玉菌を増やすことができ、タンパク質を食べることで活気づく悪玉菌の増殖を抑制することができておならの臭いも抑えやすくなります。

 

タンパク質でおならが臭くなるのは悪玉菌がタンパク質を分解することで悪臭成分を発生させるためです。

 

食べ物で摂ったタンパク質を分解するためには悪玉菌の存在が必要ですが、悪玉菌が増える一方ではおならは臭くなるばかりです。

 

そこで、腸内の善玉菌を増やすことで悪玉菌が増えすぎるのをおさえて、臭いも抑えていこうという対策が有効になります。

 

善玉菌の豊富な食べ物としては、ヨーグルトやキムチ、漬物、納豆などの発酵食品が、食物繊維は野菜や海草などに豊富に含まれています。

 

特にメカブやモズク等のヌルヌル成分がある海藻と納豆のコンビは効果的に腸内環境を整えてくれるのでおすすめです。肉や魚などのタンパク質の主菜に副菜としてメカブ納豆を加えてみて下さい。

 

消臭食物としては、緑茶やパセリ、マッシュルーム、スピルリナやクロレラなどがあげられます。

 

これらは、直接消臭機能があり腸内ガスのニオイを抑えてくれる働きがあります。

 

パセリやマッシュルームが苦手。。という方は、食後に緑茶を飲んでみるのもいいかもしれません。

 

肉や魚などのタンパク質を食べる場合には、メニューを工夫してみましょう。そうすれば、最小限のニオイで済ませられます。

 

おならが気になる方におすすめのアイテム

 

おならの解消におすすめのアイテムをランキング形式でご紹介しています。

 

参考にしてみてくださいね。

 

 

↓↓詳しくは画像をクリックorタップ↓↓

 

 

 

 

おすすめ関連記事

 

 

Sponsored Link

 

 

 

 

page top