おなら 腰痛 原因

おならと腰痛には関係があった?!腰痛がおならの原因になるワケは

 

「腰痛が出始めてからおならが頻発するような気がする。。」

 

もしこんな状態なら、それは気のせいではなく本当に腰痛がおならの原因になっているかもしれません。

 

 

 

腰痛がおならの原因になる理由は

腰の神経の圧迫による便秘や自律神経の乱れによる腸内環境の悪化により、腸内でガスが発生しやすくなるためです。

 

腰痛には、大きく分けて椎間板ヘルニアのように「物理的に腰の神経を圧迫して痛みが出ているもの」や「ストレスによる心理的な要因によるもの」があります。

 

椎間板ヘルニアのような物理的な腰痛の場合には、腰の神経が圧迫されて便秘がちになりることで腸内環境が悪化しておならが発生しやすい状態になります。

 

ストレス性の腰痛の場合には、ストレスにより自律神経の働きが乱れて腸のぜんどう運動が悪くなることにより腸内環境が悪化しておならが出やすくなります。

 

 

Sponsored Link

 

 

腰痛によるおならの頻発を改善するには

腰痛をすぐに改善することは難しいですから、まずは腸内環境を改善して良い状態を保てるようにするのがおすすめです。

 

腸内環境を良い状態に保つためには、腸内の善玉菌の数を増やし、腸のぜんどう運動を良くすることが大切になります。

 

善玉菌の数を増やす

善玉菌の数を増やすには、ヨーグルトなどの発酵食品や乳酸菌サプリメントなどを活用して善玉菌を補給したり、腸内で善玉菌のエサとなるオリゴ糖や食物繊維を積極的に摂るのがおすすめです。

 

腸のぜんどう運動を良くする

腸のぜんどう運動を良くするためには、軽い運動やストレッチ、腸のマッサージで外から腸に刺激を与えるのがおすすめです。

 

また、腰を温めるのもおすすめです。
腰を温めると自律神経のうちリラックスした際に優位になる副交感神経の活動を高めて腸のぜんどう運動を良くしてくれます。

 

腰痛によっては温めると悪化してしまうものもありますから注意して、問題ないようなら腰を温めてみて下さいね。

 

腸内環境の改善におすすめの乳酸菌サプリメントを見てみる>>

 

腰の神経を圧迫する慢性腰痛がある場合には

椎間板ヘルニアのように腰の神経を圧迫してしまう慢性的な腰痛で便秘が続くようなら、思い切って下剤をたまに活用してスッキリさせてしまうのもおすすめです。

 

便秘が長期間続くと、腸内環境がどんどん悪化してしまいます。
下剤でスッキリさせた後は便とともに腸内細菌が多く出てしまいますから、ヨーグルトや乳酸菌サプリメントで善玉菌を積極的に補給していきましょう。

 

ただ、ストレス性の腰痛による便秘には、下剤は逆効果になりますから注意が必要です。

 

ストレス性の腰痛の場合には、善玉菌の補給と軽い運動やストレッチ、腸のマッサージなどで腸のぜんどう運動を促して少しずつ改善していきましょう。

 

なかなか改善しない慢性腰痛におすすめの腰痛改善ストレッチです



↑↑詳しく見てみる↑↑

 

東洋医学のカリスマとして評判の福辻鋭記先生が考案したストレッチ法です。
筋肉を柔らかくすることで、どんな腰痛も軽減してくれます。

 

腰痛で長年お悩みの方にもおすすめです。

 

おならが気になる方におすすめのアイテム

 

おならの解消におすすめのアイテムをランキング形式でご紹介しています。

 

参考にしてみてくださいね。

 

 

↓↓詳しくは画像をクリックorタップ↓↓

 

 

 

 

おすすめ関連記事

 

 

Sponsored Link

 

 

 

 

 

page top