口呼吸 おなら

口呼吸はやっぱりおならの原因になる?口呼吸とおならの関係

「口呼吸は体にとってはよくない」と言われていますね。

 

実は、この口呼吸がおならを増やす原因となることがあります。

 

口呼吸していて、おならが増えて困っている方は参考にしてみてくださいね。

 

 

 

口呼吸でおならが増えてしまうワケは

おならは、その約70%が食事などで無意識のうちに飲み込んでしまう空気、残りの約30%が腸内で腸内細菌が食べ物を分解する際に発生させるガスです。

 

そのため、おならのほとんどは飲み込んだ空気だと言われています。

 

ということは、口呼吸をしていることが多いと、おならの材料を沢山体内に送り込むことになり、おならの出やすい状態を作り出してしまいます。。

 

鼻呼吸も口呼吸も空気を吸い込むという意味においては同じですが、鼻よりも口の方が空気を吸い込む穴が大きいため口呼吸の方が鼻呼吸よりも吸い込む空気量が増えてしまいます。

 

口呼吸をしている方は鼻呼吸するように気を付けた方が良いかもしれません。
また、口呼吸にはおならが出やすくなる事の他に様々なデメリットがあります。

 

口呼吸のデメリットは

口呼吸のデメリットは、こちらの5つです。
↓↓

  • フェイスラインのたるみ
  • 肌荒れ
  • 歯周病・口臭
  • いびき
  • ぐっすり眠れない

フェイスラインのたるみ

口呼吸していると、唇の周りにある口輪筋や口角を上げる大頬骨筋が弱まりフェイスラインがたるみやすくなります。

 

また、口角が下がるとほうれい線や二重あごの原因となり老けた印象の顔に。。
アンチエイジング対策としても口呼吸はよくありません。

 

肌荒れ

鼻呼吸であれば、鼻の粘膜や鼻毛がフィルターとなり空気中のホコリやウィルス、細菌などをせき止めて浄化した上で体内に取りこめますが、口呼吸だと吸い込んだ空気をダイレクトにそのまま肺に取り入れてしまいます。

 

汚い空気を吸い込むと免疫が下がり肌荒れの原因ともなります。

 

歯周病・口臭

口呼吸すると口の中が乾燥しやすくなり、歯周病や口臭の原因ともなります。

 

唾液には殺菌作用や洗浄作用がありますから、口の中が乾燥すると歯周病や口臭が発生しやすくなります。

 

いびき

口呼吸で眠ると、舌の付け根が落ち込み空気の通りが悪くなります。これにより「いびき」をかきやすくなります。

 

いびきがひどい方は、口呼吸をしていないかチェックしてみると良いでしょう。

 

ぐっすり眠れない

睡眠時に口呼吸をしていると、口の中から水分が奪われやすくなり乾燥しやすくなったり、いびきをかきやすくなったりしてぐっすりと熟睡しづらくなります。

 

実際に口を閉じて眠れるようになると、口呼吸で眠っていた時よりも深く眠れることが明らかになっています。

 

 

Sponsored Link

 

 

口呼吸になる原因は

口呼吸になる原因としては、「鼻づまり」や「猫背」があげられます。

 

鼻炎などで鼻が詰まりやすい方は、まずは耳鼻科で治療を受けてみましょう。

 

鼻が通ると自然と鼻呼吸がしやすくなります。

 

また、猫背の方は、猫背が原因で口を開ける筋肉が強く働き、口が開きやすくなります。

 

これにより口呼吸になりやすくなってしまいますから、姿勢を正せるトレーニングを行ってみると良いでしょう。

 

猫背は足の使い方によってなってしまうことがあるということです。

 

こちらの本は歯科医でご自身も子供のころから口呼吸で困っていた西川先生の著書です。
↓↓

人生が変わる! 足指スローストレッチ


こちらの本には足が姿勢や口に及ぼす影響について記述されています。
姿勢を整えて口呼吸を治すヒントになるかもしれません。

 

とにかく今すぐ鼻呼吸に改善したいなら

口を閉じて鼻呼吸ができるようなら、口を医療用の紙テープなどで止めてしまう方法を試してみてください。

 

口がテープで閉じられていますから、自然と鼻呼吸ができるようになります。

 

ただ、これは鼻が詰まっていて鼻呼吸ができない状態で行うと危険ですから注意してくださいね。

 

おならが気になる方におすすめのアイテム

 

おならの解消におすすめのアイテムをランキング形式でご紹介しています。

 

参考にしてみてくださいね。

 

 

↓↓詳しくは画像をクリックorタップ↓↓

 

 

 

 

おすすめ関連記事

 

 

Sponsored Link
page top