緊張 おなら

緊張するとおならが出るのはなぜ?対処法はある?

 

「仕事や学校など、緊張する場所に行くとおならが出る。。」

 

家やプライベートではそんなに出ることがないのに、「よりによって何故困るシーンでおならが出る!」こんな状態で悩んでいる方も多いですね。

 

 

緊張でおならが増えるワケは?

緊張でおなが増える原因はこの2つです。
↓↓

空気を飲み込む頻度が多くなる
腸のぜんどう運動が悪くなる

 

緊張するとおならが出るのは、おならの元になる空気を飲み込む頻度が多くなることや緊張で腸のぜんどう運動が悪くなることの2つがあげられます。

 

人はストレスや緊張を感じると無意識のうちに奥歯を噛みしめてしまっていたりして、唾液と一緒に沢山の空気を飲み込んでしまいます。

 

これを呑気症(どんきしょう)といいます。

 

おならの約70%は口から飲み込んだ空気ですから、空気を沢山飲み込めば飲み込むほどおならの材料が増えてしまい出やすくなります。

 

また緊張すると、腸のぜんどう運動が悪くなって腸内に便が腸のぜんどう運動が長時間とどまることになります。

 

こうなると、便が異常発酵して、ガスが多く発生しやすくなります。

 

腸のぜんどう運動とは、腸が腸内の便などの内容物を肛門の方へと送り出す腸の動きです。

 

緊張すると腸のぜんどう運動が悪くなるのは、緊張により血行が悪くなり体が冷えるためです。

 

緊張によるおならを減らすには

緊張することによるおならを減らす最も良い方法は、やはり、「緊張しすぎないこと」です。

 

ただ、緊張してしまう場面で緊張しないようにコントロールしていくのはなかなか難しいのが実情ですね。

 

そこで試してもらいたいのが、複式呼吸です。

 

緊張状態を和らげるためには、副交感神経を高めると和らぎます。

 

簡単に副交感神経を高める方法としては、息を吐いたり、深いゆっくりとした腹式呼吸などが効果的なのです。

 

腹式呼吸は、鼻から沢山空気を吸ってお腹を膨らませ、ゆっくりと鼻から息を吐きながらお腹がぺったんこになるまで吐き出します。

 

「辛いな。。」と感じる時には腹式呼吸を試してみて下さい。腹式呼吸がしづらい時には、深く息を吐き出すだけでも効果がありますよ。

 

また、ラベンダーの香りもリラックス効果があります。実際にラベンダーの香りを嗅ぐと副交感神経が高まるという研究結果もありますから、ラベンダーの精油をハンカチなどに垂らして常に手元に置いておいておくのもいいかもしれません。

 

ラベンダーの精油は、人工的なものではなくアロマテラピー用のものを使うようにしてくださいね。

 

おすすめのアロマオイルを見てみる>>

 

おならが気になる方におすすめのアイテム

 

おならの解消におすすめのアイテムをランキング形式でご紹介しています。

 

参考にしてみてくださいね。

 

 

↓↓詳しくは画像をクリックorタップ↓↓

 

 

 

 

おすすめ関連記事

 

 

Sponsored Link

 

 

 

 

 

 

page top