ホルモンバランス ガス腹 サプリ

ホルモンバランスの乱れでガス腹!?その改善法や役立つサプリをご紹介

ガスがお腹にたまるガス腹は、とにかく膨満感が続くのがつらいですね。

 

やはり、一日でも早く、スッキリとしたお腹で過ごせるように改善していきたものです。

 

ガス腹になる原因としては、衣服のしめつけやストレス、腸内環境の悪化などさまざまありますが、実はホルモンバランスの乱れもその原因となるものでした。

 

ガス腹の症状があって生理不順やPMS(月経前症候群)、更年期の不調などが気になるようなら、それはホルモンバランスのせいでガス腹になっているのかもしれません。

 

 

 

ホルモンバランスの乱れでガス腹になるワケは?

ホルモンバランスが乱れると、自律神経バランスが乱れて、腸の働きが悪くなることでお腹にガスが溜まりやすくなるためです。

 

自律神経は呼吸や消化、血流など生命維持に欠かせない身体機能を維持する働きのある神経で、緊張時に優位になる交感神経とリラックス時に優位になる副交感神経の2つからなるものですが、ホルモンバランスの乱れのようなちょっとしたストレスなどでそのバランスが乱れてしまいます。

 

そして、自律神経バランスが乱れて緊張時に優位になる交感神経の働きが高まった状態が続くと、血流が悪化して腸のぜんどう運動が悪化して腸内環境が悪化することになり、腐敗ガスや悪玉菌が腸内で増えることによってガス腹になりやすくなります。

 

 

Sponsored Link

 

 

ホルモンバランスの乱れによるガス腹を改善するには?

ホルモンバランスの乱れによるガス腹を改善するためには、この4つが大切になります。
↓↓

  • ホルモンバランスの乱れを整える
  • 自律神経バランスを整える
  • 女性ホルモンを増す
  • 腸内環境を改善する

ホルモンバランスの乱れを整える

女性ホルモンは、女性ホルモンを分泌しないさいという脳からの指令に基づき卵巣から分泌されます。

 

そのため、「脳から女性ホルモンを分泌しないさい」という指令が上手く出なくなったり、卵巣の働きが鈍り脳からの指令に応えられなくなると、
指令が出ているのにも関わらず女性ホルモンが分泌されなかったり、女性ホルモンが必要なのに脳からの指令が出ずに分泌できないことになり、ホルモンバランスが乱れます。

 

さらに、ホルモンバランスが乱れることによって自律神経バランスまでも乱れることになり、これによりさまざまな不調を引き起こすことになります。

 

ホルモンバランスの乱れにより、ガス腹になるメカニズムを簡単に表すと、こちらになります。
↓↓

脳からの指令が十分に出ない、あるいは、卵巣機能の低下により十分に女性ホルモンが分泌されない

脳が混乱して自律神経バランスが乱れる

血流が悪化する

腸のぜんどう運動が悪化し、腸内環境が悪くなる

悪玉菌が多くなり、腐敗ガスが多く発生することになる

 

このことから、ホルモンバランスの乱れを整えるには、自律神経バランスを整えることや女性ホルモンを増やせるように対策することがその改善に役立ちます。
↓↓

自律神経バランスを整える

自律神経の働きはストレスに左右されやすいもので、精神的ストレスだけではなく、身体的なストレスでもそのバランスが乱れるきっかけになります。

 

そのため、自律神経バランスを整えるには、とにかくストレスを軽減していくことがポイントになります。

 

ストレスの軽減に役立つ対策法としては、これらがあげられます。
↓↓

  • 規則正しい生活
  • 十分な睡眠
  • ストレッチやウォーキングなどの軽い運動
  • リラックスできる時間を持つ
  • 腹式呼吸をしてみる

 

どれも特別なことではありませんが、こういった身体の負担を軽減させるちょっとしたことが自律神経バランスを整えるのに役立ちます。

 

例えば、昼夜逆転の生活や起床睡眠時間が日によってまちまちといった不規則な生活は生体リズムを狂わせることになり、これにより自律神経バランスも乱れてしまいます。このことから、規則正しい生活を心がけることは自律神経バランスを整えるのにとても効果があるといえます。

 

また、睡眠には体の疲れを取ったり、日中の活動により傷ついた細胞の修復をおこなう働きがありますから、健康な身体を維持するためには欠かせません。

 

そして、とくに精神的なストレスが強い方におすすめなのが、腹式呼吸をおこなうことです。

 

腹式呼吸は鼻から息を吸いお腹をふくらませ、息を吐きながらお腹をへこませる呼吸法ですが、この腹式呼吸をおこなうと横隔膜に多く存在している自律神経を刺激することができてリラックス時に優位になる副交感神経の働きを高めることができます。

 

腹式呼吸は吐く息を意識してできるだけゆっくりとおこなう方が効果的になります。腹式呼吸は場所を選ばず手軽にできるものですから、気分転換や気持ちがつらい時に実践してみてくださいね。

 

また、自律神経バランスを整えるのに役立つ、「呼吸法」と「身体を動かす」の2つが同時におこなえるヨガを実践してみるのもおすすめです。

 

適度に体を動かすと血流が良くなったり、気分転換ができてストレスの軽減に役立ちます。

 

ヨガは適度な運動と呼吸法による改善効果が期待できますから、運動してみたいと考えている方におすすめです。

 

おすすめのヨガ教室を見てみる>>

 

女性ホルモンを増す

更年期の不調などでガス腹になりがちな方は、卵巣の機能低下により十分に女性ホルモンが分泌されないことによるところが大きいです。

 

そのため、女性ホルモンを増やす対策をおこなうことがその改善にとても役立ちます。

 

女性ホルモンを増やすには上記の自律神経バランスを整える対策をおこなうとともに、女性ホルモンを増やすのに役立つ食べ物やサプリメントのチカラを活用して少しでも女性ホルモンが分泌されやすい状態に身体を整えていくのがおすすめになります。

 

女性ホルモンを増やすのに役立つ食べ物や成分としては、これらがあげられます。
↓↓

大豆イソフラボン

大豆イソフラボンには女性ホルモンと似た働きをする作用があり、女性ホルモンバランスを整えてくれます。

 

大豆イソフラボンは更年期の不調を軽減できるサプリメントに配合されていることが多いです。

 

更年期の不調の軽減に役立つサプリメントを見てみる>>

 

ローヤルゼリー

ローヤルゼリーに含まれているデセン酸には女性ホルモンと似た働きをする作用や自律神経バランスを整える働きがあります。

 

ローヤルゼリーの効果についてもっと知りたいなら、こちらの記事も参考にしてみてくださいね。
↓↓

 

プラセンタ

プラセンタには血流を促したり、自律神経バランスを整える働きがあり、女性ホルモンバランスを整えてくれます。

 

また、細胞の生まれ変わりを促す細胞賦活作用や抗酸化作用があり、アンチエイジングにも役立ちます。

 

おすすめのプランセンタサプリメントを見てみる>>

 

マカ

マカには女性ホルモンの分泌を促す働きや必須アミノ酸やカルシウム、鉄などの豊富な栄養でホルモンバランスを整えてくれる効果が期待できます。

 

マカの効果についてもっと知りたいなら、こちらの記事も参考にしてみてくださいね。
↓↓
マカが女性の冷え性に効果があるって本当?>>

 

高麗人参

血流を改善する働きがあり、自律神経バランスを整えて女性ホルモンバランスを整えます。また、抗酸化作用もあり、アンチエイジング効果も期待できます。

 

高麗人参の効果についてもっと知りたいなら、こちらの記事も参考にしてみてくださいね。
↓↓
高麗人参は冷え性の改善に役立つ?>>

 

おすすめの高麗人参のサプリメントを見てみる>>

 

オメガ3系の油

不飽和脂肪酸の一種であるオメガ3系の油にはホルモンバランスを整える働きや血液をサラサラにして血流を促してくれる効果があります。

 

また、油というと、なるべく摂らない方がいいと思われがちなものですが、実は油は女性ホルモンを作る材料となるものです。とくにダイエットで油抜きダイエットをしている場合には、女性ホルモンを作り出す材料不足でホルモンバランスが乱れがちになっていることもありますから、適度に油も摂るようにしていきましょう。

 

オメガ3系の油としては、亜麻仁油、エゴマ油、しそ油、魚油などがあげられます。

 

おすすめのオメガ3が摂れるDHA・EPAのサプリメントを見てみる>>

 

このように、女性ホルモンを増やすのに役立成分は色々とあります。

 

最近では気になる症状に応じて複数の成分を併せて配合しているサプリメントがたくさん販売されていたりしますから、どの成分のサプリメントを選べばいいのか迷うようならこういった症状に応じて色々な成分が配合されているサプリメントを活用してみるといいかもしれません。

 

おすすめのサプリメントをランキング形式でご紹介しています。
参考にしてみてくださいね。
↓↓

 

腸内環境を改善する

ガス腹になる直接的な原因は、腸のぜんどう運動が悪化することにより腸内環境が悪くなることによりますから、お腹の調子を整えることはつらいガス腹の症状を早期改善するのに役立ちます。

 

腸内環境を改善していくには、腸の善玉菌を増やして、腸のぜんどう運動を促していくことがポイントになります。

 

そのため、腸の善玉菌を増やすために乳酸菌やビフィズス菌が多く含まれている発酵食品や善玉菌のサプリメント、善玉菌のエサとなるオリゴ糖を適度に摂って善玉菌を増やしたり、腸のぜんどう運動を促すために適度に運動をしたり、腹式呼吸などで自律神経の副交感神経の働きを高めることがその改善に役立ちます。

 

また、ストレスは女性ホルモンバランスだけではなく、腸のぜんどう運動を鈍らせる原因ともなりますから、精神的・身体的ストレスをためすぎないように注意していくことも大切です。

 

おすすめの善玉菌サプリメントを見てみる>>

 

ホルモンバランスの乱れの改善と腸内環境の改善を同時におこなっていけば、より効率良くガス腹を改善することができます。ぜひ両方とも実践してみてください。

 

両方の対策を一度におこなうとなると大変な感じがしますが、実践することをまとめてみるとこの3つになります。とくに自律神経バランスを整えることはホルモンバランスを整えるのにも腸内環境を整えるのにも役立つことですから、あせらずに実践してみてくださいね。
↓↓

  • 自律神経バランスを整える⇒ホルモンバランスを整える、腸のぜんどう運動を促し腸内環境を改善
  • 女性ホルモンを増やせるようにサプリメントなどを活用する⇒女性ホルモンを増やせる
  • 腸の善玉菌を増やせるように発酵食品やサプリメントを活用する⇒善玉菌を増やし、腸内環境を改善

 

ホルモンバランスの乱れによるガス腹の改善に役立つサプリメント

ホルモンバランスの乱れによるガス腹の改善に役立つサプリメントをランキングでご紹介しています。

 

気になるサプリメントのランキングをチェックしてみてくださいね。

 

女性ホルモンバランスを整える

 

腸内環境を整える

 

 

Sponsored Link

 

 

 

 

 

page top