乳酸菌 ビフィズス菌 違い

乳酸菌とビフィズス菌は違う?!頑張って両方増やせるように心がけよう

 

乳酸菌とビフィズス菌は、なんとなくお腹に良い菌といったイメージで一括りにしてしまいがちですね。

 

確かにこれはあながち間違いではなく、大きく分類すると乳酸菌もビフィズス菌も乳酸菌です。
しかし、厳密に分類すると乳酸菌とビフィズス菌には違う働きがあり全く違うものということになります。

 

それぞれどんな働きがあるのかというと・・

 

 

 

乳酸菌の働きは?

乳酸菌は乳酸を作ることにより腸内を酸性にして、悪玉菌や外から侵入した悪い菌が増加しにくい環境を作り腸を健康に保ちます。

 

悪玉菌や外から侵入した悪い菌は酸性の腸内環境が苦手なため、乳酸菌が豊富でしっかりと働く腸では増殖しにくくなりますまた、抗腫瘍作用、免疫賦活作用、血中コレステロール低減作用、高血圧抑制作用などもあり体全体の健康もサポートしてくれます。

 

乳酸菌が腸内環境を整えることでビフィズス菌が活動しやすくなるという側面もあります。

 

ビフィズス菌の働きは?

ビフィズス菌は、乳酸菌と同様に乳酸を作り出して腸内を酸性にし悪玉菌や悪い菌が増加しにくい環境を作り出すところは同じです。

 

それに加えてビフィズス菌は酢酸を作り出します。この酢酸には強い殺菌力があり悪玉菌の増加を効果的に抑えてくれます。この他に、腸のぜんどう運動を活発にしたり、ビタミンB群や葉酸を作り出したり、免疫力を高める働きがあります。

 

ビフィズス菌は腸内の善玉菌に占める割合が99.9%と高く腸の健康を良くするためには欠かせないものですから、乳酸菌同様に積極的に増やしていくように心がけていきましょう。

 

実際にビフィズス菌の減少が便秘の原因となることもありますから、特に慢性的な便秘にお悩みの方は積極的に増すようにしてみるのがおすすめです。

 

乳酸菌とビフィズス菌は似たようでいて違う働きがありどちらも腸内環境を良くするためには欠かせないものですから、積極的に増やせるように頑張っていきましょう。

 

乳酸菌とビフィズス菌を増やすには

乳酸菌は、ヨーグルトやキムチ、味噌、ぬか漬、チーズなどの発酵食品に多く含まれています。

 

腸内の乳酸菌を増やすためには、発酵食品を積極的に食べて乳酸菌を外から補充したり、乳酸菌のエサとなるオリゴ糖を摂るのがおすすめです。

 

ビフィズス菌も同様にビフィズス菌入りのヨーグルトや乳酸飲料を積極的に摂ったり、ビフィズス菌のエサとなるオリゴ糖を摂ることで増やしていきます。

 

ヨーグルトや乳酸飲料でビフィズス菌を補充する場合は、必ずビフィズス菌が配合されているかどうか予め確認しておきましょう。
ビフィズス菌はヨーグルトや乳酸飲料だからといって必ず入ってるとは限りませんから注意が必要です。

 

また、乳酸菌やビフィズス菌はなるべく多くの種類の菌種を補給するのが腸のためにはおすすめです。
というのも、乳酸菌やビフィズス菌には様々なタイプの菌があり、大人1人の腸に約1,000菌種、数百兆個もいると推測されているからです。

 

例えば、ヨーグルトだけではなくキムチ、ぬか漬け、チーズも食べるなどして積極的に善玉菌を補給するように心がけましょう。
食べ物で善玉菌を補給する場合には、1日に最低3種類以上の食べ物から補給するのがおすすめです。

 

そんなにアレコレと食べていられないという方は、善玉菌サプリメントを活用してみて下さい。
こういったサプリメントには複数の菌が配合されいますから、手軽に沢山の種類の菌が補給できます。

 

乳酸菌やビフィズス菌の補給は、毎日コツコツと続けるのが効果的に増やすポイントです。
毎日の習慣として取組んでいきましょう。

 

乳酸菌とビフィズス菌が効果的に増やせるサプリメントを見てみる>>

 

おならが気になる方におすすめのアイテム

 

おならの解消におすすめのアイテムをランキング形式でご紹介しています。

 

参考にしてみてくださいね。

 

 

↓↓詳しくは画像をクリックorタップ↓↓

 

 

 

 

 

おすすめ関連記事

 

 

Sponsored Link

 

 

page top