痩せる 腸内環境

痩せる腸内環境を作る方法は?※短鎖脂肪酸が鍵だった

 

「腸内環境の状態で太りやすくなる。」こんな情報を聞いたことありませんか?

 

 

実はこれは本当で、腸内環境により痩せにくくなることが明らかになりました。

 

 

もしあなたが何をやっても痩せにくい。。こんな状態なら、腸内環境から改善することでスッキリと痩せられるかもしれません。

 

 

 

痩せる腸内環境とは?

 

痩せている方の腸内細菌の特徴は、日和見菌のバクテロイデス門が多く、同じく日和見菌のフィルミクテス門が少ないことがあげられます。

 

 

逆に太っている方の腸内細菌は、痩せている方の逆でフィルミクテス門が多く、バクテロイデス門が少ない傾向があります。

 

 

どうしてフィルミクテス門が多く、バクテロイデス門が少ないと太りやすくなるのかというと、フィルミクテス門の菌は食事から摂りこむエネルギー量が多く、バクテロイデス門が少ないと短鎖脂肪酸の量が少なくなり脂肪が摂りこまれやすくなるためです。

 

 

つまり、太っている方の腸内環境は、エネルギーの摂りこみ効率が良くなったり、脂肪が摂りこまれやすくなることで太りやすくなってしまっているのです。

 

痩せる腸内環境にするには?

 

バクテロイデス門の菌を増やすか、短鎖脂肪酸を増やして脂肪の摂りこみを減らすことがポイントになります。

 

 

バクテロイデス門の菌を増やす

バクテロイデス門の菌は善玉菌を好む日和見菌です。

 

 

そのため、バクテロイデス門の菌を増やすには、腸内環境を良くして善玉菌が豊かな腸にしていくことが大切になります。

 

 

腸内環境を良くしていくには、乳酸菌やビフィズス菌といった善玉菌を食べ物やサプリメントで積極的に補給していくのが最も簡単で効果的な方法になります。

 

 

善玉菌が豊富な食べ物としては、ヨーグルトやチーズ、ぬか漬けなどの発酵食品があげられます。

 

 

食べ物で取るのが大変な方は、善玉菌サプリメントを活用するのがおすすめです。
サプリメントなら、一度に多くの菌を補給できるメリットがあります。

 

 

おすすめの善玉菌サプリメントを見てみる>>

 

 

短鎖脂肪酸を増やす

短鎖脂肪酸には、脂肪細胞に働きかけて脂肪の摂りこみをストップする働きがあります。

 

 

この働きがあることから、腸内に短鎖脂肪酸が豊富にあると、痩せやすくなると言われています。

 

 

短鎖脂肪酸はバクテロイデス門の菌が水溶性食物繊維を分解する際に排出されます。

 

 

また、お酢やバター、乳酸菌発酵エキスで直接短鎖脂肪酸を補給することもできます。

 

 

とくに乳酸菌発酵エキスは、様々な乳酸菌を発酵させて作られたもので短鎖脂肪酸をはじめアミノ酸などの有用成分が摂れ、栄養補給や腸内環境の改善に役立ってくれます。

 

 

 

Sponsored Link

 

 

 

まとめ

 

太りやすい腸内環境を改善するには、善玉菌を好むバクテロイデス門を増やすか短鎖脂肪酸を増やす、あるいは、フィルミクテス門を減らすことがポイントになります。

 

 

ただ、フィルミクテス門については、今のところ善玉菌か悪玉菌かもわかっておらず、高カロリー食だと増えやすくなる程度のことしかわかっていません。

 

 

そのため、痩せやすい腸内環境に改善していくには、まずは腸内環境を良くしてバクテロイデス門を増やしたり、短鎖脂肪酸を増やしていくことがおすすめになります。

 

 

おすすめの善玉菌サプリメントを見てみる>>

 

 

おすすめ関連記事

 

 

Sponsored Link