糖質制限 おならが臭い

糖質制限したらおならが臭い。。その原因と対策は?

 

ダイエットのために糖質制限したらおならが臭くなった。。

 

 

こんな状況でお困りの方も多いですね。

 

 

糖質制限で痩せられても、おならが臭くなるのは困りますから早急になんとかしたいところですね。

 

 

 

糖質制限でおならが臭くなる原因は?

 

糖質制限でおならが臭くなる原因としてはこの3つがあげられます。
↓↓

  • 便の材料不足
  • 食物繊維不足
  • タンパク質摂取量増加による悪玉菌の増加

 

便の材料不足

 

糖質制限をすると、お米などの糖質の多い炭水化物の摂取量が減ることになります。

 

お米などの穀類には便の材料となる食物繊維が多く含まれています。

 

そのため、お米などの穀類の摂取量が減ると便を作り出すための材料が減ってしまうことになります。

 

便を作り出す材料が減るということは、便の量が少なくなり便秘を引き起こす原因ともなります。

 

 

食物繊維不足

 

上記でもご紹介しましたが、糖質制限をすると肉や魚などのタンパク質が多く、お米などの穀類の摂取量が少ないといった食事になりがちです。
こうなると、食物繊維の摂取量がどうしても減少しがちになります。

 

食物繊維には便の材料となったり、腸内の善玉菌のエサとなって増やす働きなどがありますから、食物繊維が不足気味になると腸内環境が悪化する原因ともなります。

 

腸内環境が悪化すると腐敗ガスた多く発生することになり、おならが臭くなる原因ともなります。

 

 

タンパク質摂取量増加による悪玉菌の増加

 

糖質制限というと、お米などの炭水化物を我慢するかわりに肉や魚などのタンパク質を多く摂る傾向があります。

 

実は、タンパク質は腸内で悪玉菌のエサとなり増やしてしまう原因となるものなのです。

 

腸内で悪玉菌が増えるということは、腸内環境が悪化するということになります。

 

腸内環境が悪化すると腐敗ガスが多く発生することになり、臭いおならを発生させることになります。

 

 

Sponsored Link

 

 

 

糖質制限によるおならのニオイを改善するには?

 

腸内環境を善玉菌優位の良い状態に改善していくことが大切になります。

 

 

糖質制限では、お米やパンなどの糖質を制限する代わりにタンパク質を多く摂っていいとされています。

 

 

しかし、タンパク質は腸内環境にとっては悪玉菌を増やす原因となるものです。

 

 

タンパク質を沢山摂っていいからと、肉や魚などのタンパク質ばかり摂っていては腸内環境はどんどん悪化して臭いおならが出続けることになってしまいます。。

 

 

糖質制限しながら腸内環境を良い状態に保っていくためには、食物繊維を多めに摂っていくことがポイントになります。

 

 

食物繊維には、大きく分けて「水溶性食物繊維」と「不溶性食物繊維」の2種類の食物繊維があります。

 

 

水溶性食物繊維は水に溶ける性質のある食物繊維で、腸内で善玉菌のエサとなり増やしたり、便を軟らかくして排出しやすくしたりする働きがあります。

 

 

不溶性食物繊維は水に溶けない性質の食物繊維で、便のカサを増したり、腸壁を刺激して腸のぜんどう運動を促して便を排出しやすくしてくれる働きがあります。

 

 

水溶性食物繊維はキノコ類や海藻類に多く含まれていますし、不溶性食物繊維は野菜に多く含まれています。

 

 

糖質制限食はどうしても悪玉菌が増えやすくなってしまう傾向がありますから、ぜひ、野菜、キノコ類、海藻類を積極的に摂って腸内環境を良い状態に保てるように心がけてみてくださいね。

 

 

また、ヨーグルトやキムチなどの発酵食品や乳酸菌サプリメントで善玉菌を外から補給して善玉菌を増やすことも腸内環境の改善には効果的です。

 

 

とくに最近の乳酸菌サプリメントは腸内で効率よく善玉菌が増やせるように乳酸菌だけではなく、善玉菌のエサとなるオリゴ糖や食物繊維なども配合されているものも多いです。

 

 

乳酸菌サプリメントには、食べ物で摂りきれないほどの多くの「菌数」や「菌種」の乳酸菌が摂れるメリットがあります。

 

 

一般的に善玉菌は1日になるべく多くの菌数と菌種を摂るほうが腸内環境が良くなりやすいと言われています。

 

 

効率よく腸内環境を整えたいと考えている方は、食べ物だけではなく、乳酸菌サプリメントも活用してみてくださいね。

 

おすすめの乳酸菌サプリメントを見てみる>>

 

 

 

Sponsored Link

 

 

糖質は制限しすぎると怖い

 

糖質を制限すると体重が減りやすくなるのは確かですが、糖質は脳の唯一の活動エネルギー源となるものですから制限し過ぎには注意が必要です。

 

 

実際に脳は1日に90g程度の糖を消費すると言われていますし、幸せホルモンと呼ばれているセロトニンが脳内に入るときにも糖が必要になり、糖が不足すると脳の働きやメンタル面にも影響を与えてしまいます。

 

 

糖質を制限するなら晩御飯だけ糖質を制限するなど、ほどほどに減らしていくようにしましょう。

 

 

そして、炭水化物を摂るなら、パンやうどんなどよりもお米を摂るのが腸内環境にとってはおすすめです。

 

 

お米には水分や食物繊維が豊富に含まれていますから、便秘の予防や腸内環境を整えるのに役だってくれるのです。

 

 

どうしてもお米の糖質が気になるようなら、白米ではなく玄米を食べてみるのもおすすめです。

 

 

玄米は白米よりも食物繊維が多いため、白米を食べる場合よりも糖質の影響を心配しなくても済みます。

 

 

ただ、玄米は食物繊維が多い分、白米よりも消化が悪いというデメリットがあります。

 

 

玄米は胃腸が丈夫な方向きの食べ物ですから、胃腸が弱い方は玄米を発芽させた発芽玄米を食べてみるといいかもしれません。

 

 

発芽玄米は玄米と同様に食物繊維や栄養が白米よりも豊富であるうえに、玄米よりも軟らかいため食べやすいという利点があります。

 

 

糖質が気になる方にはおすすめの炭水化物になりますから食べてみてくださいね。

 

 

 

 

おならが気になる方におすすめのアイテム

 

 

おならの解消におすすめのアイテムをランキング形式でご紹介しています。

 

参考にしてみてくださいね。

 

詳しくは画像をクリック↓↓

 

 

 

 

 

 

 

おすすめ関連記事

 

 

Sponsored Link