乳酸菌とりすぎ 腹痛

乳酸菌とりすぎで腹痛になる。。乳酸菌にとりすぎってあるの?

 

「乳酸菌は腸内環境を整えてくれるから、積極的にとった方がいい。」これはよく言われていることですね。

 

 

でも、実際に一生懸命にとってみたところ腹痛が。。こんな状態でお困りの方も。。

 

 

乳酸菌のとりすぎで体調不良を引き起こすことはあるのでしょうか?

 

 

 

乳酸菌は副作用がない安全な食品

 

乳酸菌そのもの自体は漬物やヨーグルトなどの発酵食品に含まれ、昔から長年に渡り食べられてきた経験があるものですから、基本的には副作用がない安全なものです。

 

 

ただ、乳酸菌はヨーグルトなどの乳製品に含まれているものが多く、乳酸菌だけではなく乳糖や糖分などの他の成分も一緒にとることになるため、体質や体調によってはお腹が張ったり、軟便や下痢といった不調を感じることもあります。

 

 

とくに牛乳を飲んでお腹がゴロゴロする場合には乳糖に弱い体質であることが考えられますから、ヨーグルトでも乳糖の影響を受けて腹痛や下痢、軟便といった不調が起こる可能性があります。

 

 

 

乳酸菌のとりすぎは起こりうること?

 

食べ物やサプリメントなどを活用して外からとりいれる乳酸菌は、腸内に長く滞在することができず、便として排出されてしまいます。

 

 

そのため、乳酸菌をとりすぎて体調不良を引き起こすということは考えにくくなります。

 

 

ただ、乳酸菌をヨーグルトなどの食品でとる場合には、その食品の食べ過ぎでお腹を壊すことがあるかもしれません。

 

 

乳酸菌を外から補給する場合、その乳酸菌が有効に作用するには死菌で補給する場合には、約1兆個以上の乳酸菌を毎日とり続ける必要があると言われています。

 

 

また、生菌の摂取目安量は現在のところ具体的な数は明らかになっていませんが、腸内細菌の種類を増やすためにも多く積極的にとるのが良いとされています。

 

 

このように、乳酸菌そのものに関しては、かなりの沢山の数をとることが推奨されていますから、とりすぎを心配する必要はなさそうです。

 

 

とくに病気の治療で抗生物質を服用している方は、薬が乳酸菌などの腸内細菌を殺してしまい腸内環境が悪化しがちですから、積極的に補給するようにしましょう。

 

 

 

Sponsored Link

 

 

 

体調不良を引き起こさず、乳酸菌を補給するには?

 

サプリメントを活用して補給するのがおすすめです。

 

 

サプリメントなら手軽に沢山の善玉菌を補給することができますし、とりすぎを心配する必要がなくなります。

 

 

また、食品と違い食べすぎてお腹を壊す心配もありませんから安心です。

 

 

最近では、様々な乳酸菌サプリメントが販売されています。

 

 

それぞれ、配合されている菌種や成分が異なりますから、色々と試してみてあなたの腸に合ったものを続けていきましょう。

 

 

乳酸菌サプリメント選びのポイントは、できるだけ多くの菌種と菌数が配合されていて、善玉菌のエサとなるオリゴ糖や食物繊維などが配合されているものを選ぶのがおすすめです。

 

 

また、乳酸菌とビフィズス菌は違う菌となりますから、乳酸菌だけではなくビフィズス菌も配合されているものを選びましょう。

 

 

とくにビフィズス菌は腸内の善玉菌の99.9%を占める菌である上に、加齢により減少しがちですから積極的に補給するのがおすすめです。

 

 

ビフィズス菌が多い腸は、腸年齢も若いと言われています。

 

 

おすすめの乳酸菌サプリメントを見てみる>>

 

 

 

Sponsored Link

 

 

 

腸内環境の改善におすすめのアイテム

 

 

腸内環境の改善におすすめのアイテムをランキング形式でご紹介しています。

 

参考にしてみてくださいね。

 

↓↓詳しくは画像をクリック↓↓

 

 

 

 

 

 

 

おすすめ関連記事

 

 

Sponsored Link