消化不良 おなら

消化不良がおならの原因に?!※胸やけや胃もたれが気になる方は注意

 

もし、あなたが胃もたれやげっぷ、腹部膨満感、胸やけなどでお困りで、更におならもよく出るようなら、それはひょっとすると消化不良が原因でおならが出やすくなっているのかもしれません。

 

 

 

消化不良でおなら出やすくなるワケは?

 

食事で食べた物は、まずは胃で消化されて腸へと送られてきます。

 

 

そして、胃の働きや胃酸の分泌が不十分だったりして胃で食べ物の消化が不十分であると、腸での消化に時間がかかることになり、腸内に食べ物が長期間滞在することになります。

 

 

腸内に食べ物が長期間滞在すると腸に負担がかかるだけではなく、悪玉菌が増えやすくなり、腐敗ガスが発生しやすくなっておならを出やすくする原因となります。

 

 

消化不良の代表的な症状としては、胃もたれ、胸やけ、腹部膨満感、げっぷが増える、食欲不振などがあげられます。

 

 

これらの症状が気になり、おならが増えてきたようなら、消化不良がおならを増やしている原因かもしれません。

 

 

Sponsored Link

 

 

 

消化不良を引き起こす原因は?

 

消化不良はこんな原因により引き起こされます。
↓↓

  • 食べ過ぎ・飲み過ぎ
  • 過労・ストレス
  • 胃酸の減少

 

食べ過ぎ・飲み過ぎ

 

暴飲暴食や唐辛子などの刺激の強い食べ物の取り過ぎ、脂肪の多い食べ物の食べ過ぎ、アルコールの飲み過ぎは、胃酸の分泌を乱したり、消化酵素の分泌を低下させることになり、消化不良を引き起こす原因となります。

 

 

また、早食いは十分に咀嚼せずに食べ物が胃に運ばれ、胃腸に負担をかけて消化不良の原因ともなります。

 

 

過労・ストレス

 

過労やストレスは自律神経バランスを乱す原因となります。

 

 

自律神経は胃腸の働きを司る神経であるため、このバランスが乱れると胃腸の働きが悪くなり消化不良を引き起こす原因となります。

 

 

胃酸の減少

 

胃酸が十分に分泌されないと消化に欠かせないたんぱく質分解酵素の働きが鈍り、消化不良を引き起こす原因となります。

 

 

また、胃酸には食べ物に付着した雑菌を殺菌する役割があります。

 

 

そのため、胃酸の分泌が減少すると、病原菌やバクテリアが繁殖しやすくなり、胃炎や胃潰瘍、胃がんなどを引き起こすリスクが高まります。

 

 

胃酸の分泌量は、自律神経やホルモンにより調整されています。

 

 

また、加齢により減少しがちになるもので、30代も半ばになるとその胃酸の分泌量は20代の頃の約半分にまで減ってしまうという情報もあります。

 

 

ある程度の年齢になって、食べ過ぎや飲み過ぎ、ストレスなどに思い当たることが無いのにもかかわらず胃もたれや胸やけ、腹部膨満感が気になるようなら、ひょっとすると、その原因は胃酸の分泌が減っているためかもしれません。

 

 

胃酸の分泌が減少しているかどうかの確認は、食事の際にレモン水を一緒に摂ることでチェックできます。

 

 

具体的な方法こちらです。
↓↓

大さじ1杯のレモン果汁に3倍の水を加えたレモン水を作る
↓↓
一口食べ物を食べたら、一口レモン水を飲む、これをレモン水が無くなるまで続ける

 

レモン水を食事とともに摂った後、2〜3時間後にいつもよりも調子良く感じるようなら胃酸の分泌が減少している可能性があります。

 

 

逆に胃がもたれたり、不快感があるようなら、胃酸の分泌量は十分であると言えます。

 

 

胃酸の量が少ないようなら、食事の際に胃酸のチェック方法で使用したようなレモン水を活用したり、酢の物や梅干しなどの酸味のあるメニューを加えてみましょう。

 

 

また、消化を助ける食物酵素が含まれている、生野菜や漬物、果物などを食べたり、食前に酵素ドリンクを飲んだりするのもおすすめです。

 

 

特に酵素ドリンクは、消化を助けるだけではなく、腸内環境の改善にも役立つものですから、消化不良でおならが気になる方にはおすすめのアイテムになります。

 

 

消化不良と腸内環境の両方を整えたいと考えているなら、ぜひ、酵素ドリンクを試してみてくださいね。

 

 

おすすめの酵素ドリンクを見てみる>>

 

 

 

Sponsored Link

 

 

 

消化不良を引き起こさないためには

 

消化不良を予防するには、この3つが役立ちます。
↓↓

  • 良く噛んで食べる
  • 食物酵素が含まれている食品を摂る
  • ゆっくりリラックスして食べる

 

良く噛んで食べる

 

歯で良く噛んで食べれば胃腸の負担が軽減されます。

 

 

当たり前と言えば当たり前ですが、しっかり噛んで食べて胃腸の負担を軽減してあげましょう。

 

 

食物酵素が含まれている食品を摂る

 

生の野菜や果物、刺身、発酵食品など食物酵素が摂れるものを積極的に摂ってみましょう。

 

 

食べ物で食物酵素を補給すると、消化を助け、内臓の代謝に必要となる体内酵素のムダ使いを防ぐことができます。

 

 

体内酵素が十分にあると、内臓の働きがスムーズになり、体調良く快適に過ごせるようになります。

 

 

今人気の酵素ドリンクなどを活用してみるのもおすすめです。

 

 

おすすめの酵素ドリンクを見てみる>>

 

 

 

ゆっくりリラックスして食べる

 

胃腸の働きは自律神経によりコントロールされています。

 

 

ストレスを感じていたり、緊張した状態で食事をすると、自律神経のうち交感神経の働きが高まり、胃腸の働きが悪くなります。

 

 

胃腸の働きが悪くなると、胃酸の分泌も減少しがちになり消化も悪くなりますから、食事はゆっくりとリラックスして食べるようにしましょう。

 

 

これだけでも、胃腸の働きが良くなり、消化がスムーズに行われるようになります。

 

 

 

Sponsored Link

 

 

 

おならが気になる方におすすめのアイテム

 

 

おならの解消におすすめのアイテムをランキング形式でご紹介しています。

 

参考にしてみてくださいね。

 

詳しくは画像をクリック↓↓

 

 

 

 

 

こんな記事もおすすめです

 

 

Sponsored Link