砂糖 おなら

白砂糖がおならの原因になる?!甘い物好きの方は注意が必要

 

あなたは甘い物が好きですか?

 

 

もし、甘い物のが大好きで、おならや便秘などの腸の不調が気になるようなら、その不調の原因は白砂糖かもしれません。

 

 

市販されているお菓子などの甘い物に使われているのは白砂糖がほとんどです。

 

 

白砂糖は食べると一時的には幸せな気持ちになれますが、健康にとっては避けた方が良いものでした。

 

 

 

白砂糖がおならや便秘の原因となるワケは?

 

白砂糖には体を冷やしたり、腸内環境を悪化させる働きがあるからです。

 

 

体を冷やす

白砂糖は、血液をドロドロにして血流を悪化させて体温を低下させます。

 

 

実は、体温は、赤血球が毛細血管を通過する時にも摩擦で熱を発生させます。

 

 

そのため、血液がドロドロになり血流が悪化すると、赤血球が毛細血管をスムーズに通過しにくくなり体が冷える原因となります。

 

 

そして、体温が低下して体が冷えると、腸のぜんどう運動が悪化して腐敗ガスが発生しやすくなったり、便が腸内で滞りがちになり、臭いおならや便秘を引き起こしてしまいます。

 

 

腸内環境を悪化させる

白砂糖は腸内でカンジダ菌を増やして腸炎を引き起こしたり、ガスの発生を促す働きがあり、腸内環境を悪化させます。

 

 

とくに、カンジダ菌には腸内で炭水化物を発酵させたり、タンパク質を腐敗させる働きがあるため、増殖しすぎるとガスが多く発生することになり、おならが頻発する原因となります。

 

 

また、カンジダ菌が増殖しすぎると、腸粘膜を傷つけてリーギカット症候群を引き起こし、アレルギーやアトピーを引き起こす原因ともなります。

 

 

 

 

Sponsored Link

 

 

 

 

甘い物を食べたいなら、精製されていない糖分をとろう!

 

甘い物をどうしても食べたい!そんな時には、白砂糖ではなく精製されていない糖分を活用するのがおすすめです。

 

 

精製されていない糖分とは、糖分以外にビタミンやミネラル、食物繊維などが含まれているものです。

 

 

具体的には、砂糖ならオリゴ糖やてん菜糖、黒糖が、また砂糖以外なら、はちみつや果物などもおすすめです。

 

 

これらの精製されていない糖分は白砂糖のように精製された糖分とは異なり、腸から糖分が穏やかに吸収されるため、血糖値が上がりにくく血液がドロドロになりにくいメリットがあります。

 

 

市販されているお菓子は白砂糖が使われているものがほとんどですから、甘い物が食べたくなったら、はちみつや果物を食べるのがいいかもしれません。

 

 

例えば、ヨーグルトにバナナを入れて食べたり、そこにハチミツやオリゴ糖などを加えて食べると、程よい甘さと満足感があっておすすめです。

 

 

 

どうしても白砂糖入りの甘い物が止められないなら、食物繊維を活用しよう!

 

白砂糖による血液のドロドロ化は、血糖値の上昇を穏やかにすることで随分と避けられます。

 

 

血糖値の上昇は食物繊維が多いものを先に食べておくと抑えられますから、食物繊維が多く含まれているものをあらかじめ食べた上で甘い物を食べるのがおすすめです。

 

 

おやつに合いそうな食物繊維が豊富な物としては、青汁やナッツ類などがあげられます。

 

 

ナッツ類は食物繊維が豊富で血液のドロドロを防ぐのには役立ちますが、カロリーが高めですから食べ過ぎには注意が必要です。

 

 

おすすめの青汁を見てみる>>

 

 

 

おならが気になる方におすすめのアイテム

 

 

おならの解消におすすめのアイテムをランキング形式でご紹介しています。

 

参考にしてみてくださいね。

 

詳しくは画像をクリック↓↓

 

 

 

 

 

 

 

おすすめ関連記事

 

 

Sponsored Link