生理前 おなら,PMS おなら

生理前になるとおならが頻発する。。予防する方法はある?

 

生理前になると、おならが沢山でる。。こんな症状でお困りの方も多いですね。

 

普段はおならが頻発する事は無いのに、生理前だけ酷くなると、やはり原因は「生理なのかな?」と気になりますね。

 

ここでは、生理前のおならが頻発する原因とその予防法についてご紹介しています。

 

 

 

生理前におならが頻発する原因は?

 

生理前におならが頻発する原因は、
生理前特有のホルモンバランスの変化により、腸内環境が乱れて腸にガスが溜まりやすくなるためです。

 

この生理前におならが頻発する症状は、PMS(月経前症候群)の症状のひとつとなります。

 

PMS(月経前症候群)とは、生理が始まる前の約2週間程度の期間に起こる体や心に起こる様々な不調です。有名な症状としては、イライラする・強い眠気・下腹部痛・便秘などがあげられ、多くの女性が悩まされています。

 

生理前におならが頻発するメカニズムを簡単に説明するとこちら
↓↓

生理前に黄体ホルモンが沢山分泌され、腸の働きが悪くなる
↓↓
便秘気味になる
↓↓
腸内環境が悪化し、ガスが溜まりやすくなる

 

また、生理直前から生理時にかけては、黄体ホルモンが減少して下痢を引き起こすこともあります。

 

 

Sponsored Link

 

 

 

生理前のおならの頻発を予防するには?

 

生理前のおならはPMSによる腸内環境の乱れが原因です。

 

対処療法として、お腹のマッサージや運動をして滞りがちな腸の動きを促して、ガスの発生を抑えることもある程度は効果がありますが、やはり、生理前のおならの大元の原因がPMSによる影響ですから、生理前のおならの頻発を予防するためにはPMSの症状が強くでないように日頃から無理をせずに体を労わることが大切になります。

 

生理前のおならの頻発をはじめ、イライラや便秘などの症状は、「体質だからしょうがない」と思いがちですが、PMSの症状の重さは日頃の食生活習慣やストレスの程度、疲労度合いなど、日頃の過ごし方によって変ってきます。

 

例え、今、PMSの症状が重くても、こういう体質だからとあきらめる必要はありません。

 

 

PMSを予防する具体的な対策は?

PMSを予防する具体的な対策としては、これらがあげられます。
↓↓

疲れやストレスを溜めすぎない
ビタミンやミネラルを積極的に摂る
体を温める

 

疲れやストレスを溜めすぎない

PMSは疲れている時やストレスが大きい時に強く症状が出る傾向があります。

 

PMSは生理が始まる約2週間前程度から症状が出始めますから、特にこの期間は忙しくなり過ぎないようにスケジュールを調整したり、ストレスの溜まりそうな事はなるべく避けるようにして、ゆったりと過ごすように心がけましょう。

 

とはいってもストレスをゼロにすることは難しく、自分ではストレスが溜まっていないと思っていても意外とストレスが溜まっていて体が辛い状態であることもあります。

 

とにかく1日1回はリラックスできる時間を確保したり、アロマテラピーやマッサージー、エステなど自分なりにリラックスできるアイテムを活用して頑張りすぎないようにすることが大切です。

 

ビタミンやミネラルを積極的に摂る

PMSはビタミンやミネラルが不足すると症状が強くなりがちです。

 

日頃からバランスの良い食事を心がけるのはもちろん、特にPMSが始まる期間はビタミンやミネラルが豊富なものを意識して摂るようにしましょう。

 

PMSの症状軽減には、ヘム鉄・ビタミンC・ビタミンB群・亜鉛・カルシウムとマグネシウム・ビタミンEなどを積極的に摂るのがおすすめです。

 

また、青魚に多く含まれているDHAやEPAには、症状を緩和する作用があると言われていますから、こちらも積極的に摂ってみて下さい。

 

一方、控えた方が良い飲食物としては、白米やパンなどの炭水化物・菓子類・白砂糖・カフェイン・塩分の多い食事です。

 

とくに血糖値が急激に変動するとPMSの症状が強く出やすいことが明らかになっています。

 

生理が近くなりイライラするからといって炭水化物や糖分の多いパンやお菓子類をドカ食いすると、血糖値の変動が急激になり、PMSの症状を悪化させることにもなります。

 

食べるとスッキリとするという方も、後々のことを考えたら生理前のイライラは食べること以外で解消した方がよさそうです。

 

ただ、どうしても食べたいという場合には、同じ食べるならパンやお菓子ではなく、大豆製品を積極的に摂ってみるのがおすすめです。

 

実際に、大豆イソフラボンを積極的に摂ることで、PMSの症状が軽減したという報告があります。これは、大豆イソフラボンに女性ホルモンの変動を緩やかにする作用が期待できるためだということです。

 

大豆イソフラボンは、その名のとおり大豆に多く含まれていますから、豆腐や豆乳、納豆などを積極的に食べてみてください。

 

PMSの予防には、栄養バランスの良い食事を日頃から小まめに摂っておくことが役立ちます。

 

ビタミンやミネラルをはじめ、PMSの症状の軽減に役立つとされている青魚に多く含まれているDHAやEPA、大豆イソフラボンを積極的に摂ってみましょう。食べ物であれこれと摂るのが大変な方はサプリメントを活用してみると便利です。

 

また、チェストベリーという西洋ハーブがPMSの改善に役立つことが判明しています。

 

最近ではチェストベリーが配合されたPMSの軽減に役立つサプリメントも販売されていますから、PMSの症状が辛い方は試してみるといいかもしれません。

 

PMSの症状の緩和に役立つサプリメント

 

■女性のミカタ

女性のミカタを見てみる>>

 

PMSの悩みのタイプに応じた処方が選べるサプリメントです。

 

主にカラダの不調の軽減に役立つ「すこやか編」とイライラや集中力の低下などのココロの不調の軽減に役立つ「やすらぎ編」があります。

 

すこやか編には女性ホルモンバランスを整えるチェストツリーや血流やむくみの改善に役立つメリロートやウラジロガシ、冷え性の改善に役立つヒハツなどが配合されています。

 

やすらぎ編にはPMSや生理痛の緩和に役立つ月見草オイルやイライラやうつ気分の改善に役立つラフマ、女性ホルモン様作用のある大豆イソフラボンが配合されています。

■女性のミカタを購入するなら
定期コースでの購入がおすすめです。初回半額の980円(税込・送料無料)で購入できます。こちらの定期コースは事前連絡で中止・解約ができるので安心です。

■内容量・価格

  • 1袋:60粒/約30日分
  • 定期購入:初回980円(税込・送料無料)
  • 通常購入:1,980円(税込)

 

女性のミカタ

>>女性のミカタを見てみ<<

 

 

■めぐルナ
めぐルナ
↑↑詳しくは画像をクリック↑↑

 

和漢洋の伝統的な女性のためのハーブのチカラでPMSを軽減してくれるサプリメントです。

 

PMSの軽減に役立つ、チェストベリーや高麗人参、クワンソウ、生姜など心と体の不調を和らげるハーブが配合されています。

 

また、腸内環境を整えるのにも役立つ乳酸菌も配合されているから、お腹の不調が気になる方にもおすすめです。

■めぐルナを購入するなら
定期コースでの購入がおすすめです。初回約81%オフの980円(税込・送料無料)で購入できます。※最低3回の継続が必要です。

■内容量・価格

  • 1袋:31粒/約1ヶ月分
  • 定期購入:初回980円(税込・送料無料)※最低3回の継続必要

 

めぐルナ

>>めぐルナを見てみる<<

 

 

 

血液の状態が気になるかたにはDHA・EPAサプリメントもおすすめです。

 

おすすめのDHA・EPAサプリメントを見てみる>>

 

 

 

体を温める

体を温め血行を良くすると、PMSの悪化を防止してくれます。
半身浴や軽いストレッチ・運動を取り入れて、血行を促すように心がけてみましょう。

 

血行が良くなると、ストレス解消や安眠にも効果的です。

 

これは個人的な感想になりますが、実際に体が冷えたなぁと感じることが多かった月はPMSの症状が強く出る感じがします。

 

寒い季節よりも、むしろ、暖かい季節の方が薄着や冷房などで体が冷えやすかったりしますから、暖かい季節ほど体を冷やさないように注意した方がいいかもしれません。

 

おすすめの体温めサプリメントを見てみる>>

 

 

 

PMSは自分のパターンを知ることでも軽減できる

 

PMSの症状は、自分のPMS症状の出現パターンを知ることでも軽減することができます。

 

例えば、おならの頻発や胸の張り、イライラ、過食、ニキビなどのPMS症状が気になるとしたら、これらの症状がいつから気になりだすのかを日付を記録していきます。

 

これを2ヶ月程度記録を付けていき、自分のPMS症状の出現パターンを認識しておきます。

 

こんなことでPMSの症状が和らぐの?と思われるかもしれませんが、災害などの辛い状況になった場合でも、これを知っていた方はPMS症状が悪化しなかったということです。

 

PMSのパターンを知っておけば必ずPMS症状が軽減すると断言できるものではありませんが、やってみる価値はありそうです。

 

 

PMSがあるということは、女性ホルモンが正常に働いているということ

 

PMS症状があるということは、女性ホルモンが正常に働き、きちんと排卵があるという証拠でもあります。

 

現代では女性の約6割がPMSの症状で悩んでいるということです。

 

PMSの症状は体質の問題というよりは、食生活習慣やストレスの状態、体の疲労度など、日々の過ごし方によるところが大きいですから、自分の体を労わって重い症状が出ないように予防していきましょう。

 

とくに症状が重い方は、PMS症状が軽くなるように早めに対策をしていくのがおすすめです。

 

というのも、PMSの症状がある人は、更年期の症状も重くなりやすいという報告があるからです。

 

これは、PMSも更年期の症状もホルモンバランスのゆさぶりにより起こっているためで、PMSの症状が強く出るということは、このホルモンバランスのゆらぎに弱い状態であるということが言えるからです。

 

PMSがあると更年期症状のなかでもホットフラッシュや抑うつ症状が出るリスクが高いということですから、更年期に入る前に少しでもPMSの症状が出ないように対策していきましょう。

 

 

Sponsored Link

 

 

 

おならが気になる方におすすめのアイテム

 

 

おならの解消におすすめのアイテムをランキング形式でご紹介しています。

 

参考にしてみてくださいね。

 

詳しくは画像をクリック↓↓

 

 

 

 

 

 

おすすめ関連記事

 

 

 

Sponsored Link