乳酸菌サプリ 服用量

乳酸菌サプリメントは目安服用量を超えて飲んでも大丈夫ですか?

 

 

便秘の改善するために乳酸菌サプリメントを飲んでいます。

 

ただ、1日当たりの目安量の1粒ではいまいち効果が実感できなかったので、2粒飲んでみたところとても調子が良くなりました。

 

できれば今後もずっと2粒ずつ飲んでいきたいと考えていますが、目安量を超えて飲んでも大丈夫なのかと心配です。

 

乳酸菌サプリメントは目安服用量を超えて飲んでも大丈夫でしょうか?

 

 

Sponsored Link

 

 

乳酸菌サプリメントは体調に支障をきたさない範囲であれば、1日あたりの目安摂取量を超えて飲んでも問題はありません。

 

ただ、多く服用して下痢したり、腹痛が酷くなったりするような体調の変化がある場合には、服用を一時的に中止するか減らすようにしましょう。

 

相談者さんの場合は服用量を増やしたところ体調が良くなってきたということですから、1日あたりの目安摂取量を気にせずにそのまま自分の体調に合った服用法で取っても大丈夫でしょう。

 

乳酸菌は薬ではありませんから、基本的には沢山取り過ぎて体調が悪くなることはありません。

 

それに、腸内細菌は便として排出されて減ったり、腸に良い影響を与える善玉菌はストレスや偏食、運動不足などにより減少しがちですから、乳酸菌を取り過ぎて困るということ自体起こりにくいことだと言えます。

 

むしろ現代では、腸内環境が悪化しがちで、そのことにより便秘や腹部膨満感、おならの頻発など様々な不調に悩んでいる方が多い状態です。

 

お腹の調子が悪くならない限りは安心して、自分の体にとって最適な量の乳酸菌を補給していきましょう。

 

ただし、乳酸菌サプリメントによっては、乳酸菌とともに配合されている成分によってお腹が緩くなったり下痢を起こしたりすることがあるかもしれません。

 

例えば、乳糖が配合されいてるものは、乳糖不耐症の方が取るとお腹が緩くなり過ぎたり、下痢になったりといった不調を感じる場合があります。

 

牛乳を飲んでお腹がゴロゴロしやすい方は乳糖不耐症の可能性がありますから、注意が必要です。

 

乳酸菌サプリメントの服用量は薬ではありませんから、神経質にならずに自分の体調に応じた量を服用していくのがベストです。

 

 

 

腸内環境の改善におすすめのアイテム

 

 

腸内環境の改善におすすめのアイテムをランキング形式でご紹介しています。

 

参考にしてみてくださいね。

 

↓↓詳しくは画像をクリック↓↓

 

 

 

 

 

 

 

Sponsored Link