内臓 冷え 改善

内臓の冷えを改善するにはどうすればいい?

 

お腹や体の芯が冷えている内臓からの冷えは健康に悪影響を与えることもありますから、早急に改善していきたいところですね。

 

 

内臓からの冷え性のやっかいなところは、重ね着をしたりしてもなかなか体が温まらないことだったりします。

 

 

この内臓からくる冷え性を改善するにはどうすればいいのでしょうか?

 

 

 

内臓の冷えを改善するには内臓代謝をあげることが大切

 

内臓からくる冷え性の原因は、内臓代謝が低下して内臓そのものが冷えていることです。

 

 

そのため、内臓からの冷えを改善するには内臓代謝を上げることがポイントになります。

 

内臓代謝を上げるには?

 

この2つが大切になります。
↓↓

体内酵素を増やす
体を温める食べ物を積極的にとる

 

体内酵素を増やす

内臓がしっかりと働くためには酵素が必要になります。

 

 

酵素は暴飲暴食、不規則な生活、過度なストレスなど体に負担がかかることをおこなうと不足しがちになります。

 

 

もし、これらに心当たりがあようなら体内酵素が不足気味になっているかもしれません。

 

 

また、体内酵素は加齢によっても不足気味になります。

 

 

内臓の冷えが気になるようなら、まずは内臓が十分に働けるように体内酵素を増やせるように取り組んでみましょう。

 

 

体内酵素を増やすには、生の野菜や果物、刺身などを積極的に食べたり、酵素ドリンクを活用するのがおすすめです。

 

 

とくに酵素ドリンクは体内酵素を増やすのに貢献してくれるだけではなく、腸内環境を整える効果も期待できますので積極的に摂ってみましょう

 

 

酵素ドリンクを選ぶ際のポイントはなるべく添加物の少ない物を選ぶことです。

 

 

添加物が多い物だと、酵素ドリンクに含まれている添加物を解毒するために体内酵素が使われることになり本末転倒になります。

 

 

良質な酵素ドリンクを活用して体内酵素を増やしていきましょう。

 

 

おすすめの酵素ドリンクを見てみる>>

 

 

 

体を温める食べ物を積極的にとる

内臓は冷たい食べ物の食べ過ぎによっても冷えてしまいますから、なるべく温かい食べ物を摂るようにしましょう。

 

 

アイスクリームやかき氷などの温度が冷たい食べ物や南国のフルーツなどのように温かい季節や地域で摂れる野菜や果物などは体を冷やす作用があります。

 

 

また、白砂糖にも体を冷やす作用がありますから、甘い物が好きな方は注意が必要です。

 

 

体を温められる食べ物としては、温かい飲み物や食べ物、生姜やニンニクなどの香辛料が入っている物や寒い季節や地域で摂れる野菜や果物があげられます。

 

 

また、色の黒い食べ物は体を温める作用があるとされていますから、黒ゴマや黒豆、黒糖など色の白い物よりも色の黒い物を選んでみましょう。

 

体を温めるために何をとっていいのかわからない。。という場合には、とりあえず温かい食べ物を摂るようにしましょう。

 

 

例えばアイスティーではなく温かい紅茶を選んだり、冷麺ではなく温かいラーメンを食べるのがおすすめです。

 

 

夏でどうしても暑い飲み物を飲みたくない場合には、常温の飲み物がおすすめです。

 

 

キンキンに冷えた飲み物をグビッと飲みたいところですが、内臓の冷えが気になる方は徹底的に冷えから内臓を守ってみてください。

 

 

また、内臓を温めるにはサプリメントを活用するのもおすすめです。

 

 

サプリメントを活用すると高麗人参や生姜など体を温める効果の期待できる成分が手軽に摂れて便利です。

 

 

おすすめの体温めサプリメントを見てみる>>

 

 

 

Sponsored Link

 

 

 

おすすめ関連記事

 

 

腸内環境の改善におすすめのアイテム

 

 

腸内環境の改善におすすめのアイテムをランキング形式でご紹介しています。

 

参考にしてみてくださいね。

 

↓↓詳しくは画像をクリック↓↓

 

 

 

 

 

 

 

 

Sponsored Link