おならが止まらない

おならを無臭にするにはどうすればいい?

 

おならは突然に場所を選ばず出てしまうものですから、せめて臭わない無臭のおならを目指したいところですね。

 

おならが出てもニオイが無いものであれば、周囲に気づかれませんからね。

 

 

 

おならのニオイを無臭にするには?

 

おならのニオイを無臭にするには、とにかく腸内環境を良くするしかありません。

 

おならは腸状態のバロメーターと言われているように腸内環境が良ければニオイが少ないおならが、腸内環境が悪化すると腐敗ガスが発生しがちになりニオイのきついおならが出るようになります。

 

おならのニオイが臭いのは、悪玉菌の働きが活性化されてアンモニアや硫化水素、インドール、スカトール、揮発性アミンなどのガスが発生する時です。

 

つまり、悪玉菌の働きを抑えて善玉菌がしっかりと優位に働ける腸内環境を維持できれば、おならのニオイを限りなく無臭に近づけることができます。

 

 

Sponsored Link

 

 

 

こんな行為は悪玉菌を増やす原因となります。

肉や魚などタンパク質や脂っこい食事が好き
ストレスや体の冷え
運動不足

 

肉や魚などタンパク質や脂っこい食事が好き

タンパク質や脂質は悪玉菌のエサとなり、強いニオイのおならの原因となるアンモニア、硫化水素、インドール、スカトール、揮発性アミンなどのガスを発生させます。

 

タンパク質や脂っこい食事を摂る際には、善玉菌のエサとなる食物繊維やオリゴ糖を併せて摂るのがおすすめです。

 

ストレスや体の冷え

ストレスや体の冷えは腸の働きを鈍らせて、腸の内容物を長時間停滞させてしまい悪玉菌が増えやすい状態を作り出してしまいます。

 

ストレスはなかなか自分でコントロールするのが難しいですが、趣味などで気分を紛らわせたり、十分な睡眠で体を少しでも休めリラックスを心がけていきましょう。

 

運動不足

運動不足もストレスや体の冷えと同様に腸の働きを鈍らせて腸内環境を悪化させる原因となります。

 

運動すると腹筋が動き腸を刺激して、腸の働きを促してくれます。
ウォーキングやストレッチなどの軽いもので良いですから、少しでも体を動かすようにしていきましょう。

 

 

悪玉菌を減らして善玉菌を増やすには?

 

悪玉菌を増やす要因を取り除きながら、善玉菌の補給と腸の働きを良くすることが大切になります。

 

善玉菌の補給はヨーグルトや漬物、味噌などの発酵食品や乳酸菌サプリメントを活用して、毎日続けて補給していきます。

 

腸内の善玉菌は一度補給したらそのままずっと定着するというものではありませんから、腸内の善玉菌を増やすには毎日続けて補給していくことがポイントになります。

 

腸の働きを良くするには、運動やストレッチなどで腹筋を鍛えるのがおすすめです。
腹筋がしっかりすると腸のぜんどう運動が促されて腸の働きが良くなります。

 

腸のぜんどう運動が悪化すると便秘になりがちですし、腸内で腐敗ガスが発生しがちになりニオイのきついおならの原因となりますから、善玉菌を増やすとともに腹筋も鍛えていきましょう。

 

おすすめの乳酸菌サプリメントを見てみる>>

 

 

Sponsored Link

 

 

 

おならが気になる方におすすめのアイテム

 

 

おならの解消におすすめのアイテムをランキング形式でご紹介しています。

 

参考にしてみてくださいね。

 

詳しくは画像をクリック↓↓

 

 

 

 

 

 

 

おすすめ関連記事

 

 

Sponsored Link