冷え性 漢方,冷え性 漢方 処方

冷え性におすすめの漢方は?どこで購入できる?

 

「冷え性には漢方が効く。」こんな情報を聞いたりもしますね。

 

 

確かに、漢方薬は様々な生薬から作られたもので、古くから治療実績のある東洋医学に基づいて調合されているわけですから、体の調子を根本から整えて辛い冷え性を改善へと導いてくれそうです。

 

 

実際に、西洋医学では冷え性は病気ではないため治療の対象とはなりませんが、漢方を使う東洋医学では冷え性は立派な治療対象になっています。

 

 

こういったことから「冷え性には漢方が効く。」といわれているのだと思われます。

 

 

ただ、漢方が冷え性の改善に貢献してくれるものだとわかっても、なかなかどんな漢方薬があるのかや、どうやって選べばいいのか、どこで購入できるのかといったことになると分からないことが多くてとまどってしまいますね。

 

 

ここでは冷え性の改善に貢献してくれる漢方薬やその選び方、購入場所などについてご紹介しています。

 

 

参考にしてみてくださいね。

 

 

Sponsored Link

 

 

冷え性に効く漢方薬の選び方は?

 

漢方薬選びの難しいところは、体質に合わない漢方薬を選ぶと効果がないだけではなく、かえって不調を感じる原因ともなることです。

 

 

漢方薬の作用は穏やかなので体に悪影響を与えることはないと言われたりもしますが、やはり漢方薬も薬ですから合わないものを服用し続けると不調を感じる原因ともなります。

 

 

そのため、自分に合った漢方薬を選ぶためには、まず、漢方で体質を判断するために使われている証(しょう)という観点から体質を見極めなければなりません。

 

 

具体的に漢方でどんなふうに体質を判断するのかというと、まず、体質を陽と陰、次に実証、虚証と大きく分けます。

 

 

陽とは内臓の働きが過剰になっているタイプです。陰は逆に内臓の働きが滞りがちであるタイプです。

 

 

そして、実証は体力がある、胃腸が強い、ガッチリとした体格、色黒、暑がりといったタイプです。虚証は体力がない、胃腸が弱い、きゃしゃな体格、色白、寒がりといったタイプになります。

 

 

そして更に、気(き)・血(けつ)・水(すい)、の観点による体質分類をおこなっていきます。

 

 

気とは身体の働きを担う生命エネルギーで、血とは血液、水は血液以外の体液や分泌液のことです。この気(き)・血(けつ)・水(すい)を顔色や症状などに応じてタイプ分けしていきます。

 

 

漢方によるタイプ分けとしてはこれらがあげられます。
↓↓

  • 気虚(ききょ)
  • 気滞(きたい)
  • 血虚(けっきょ)
  • 津液不足(つえきぶそく)
  • 血お(けつお)
  • 痰湿(たんしつ)

 

気虚(ききょ)

 

気虚(ききょ)とは、エネルギーである気が不足している状態です。

 

 

気虚はエネルギーが不足した状態ですから、疲れやすいとか、だるい、食欲がない、手足がいつも冷たい、体温が低いといった症状が出ます。

 

 

これらの症状に思い当たることが多いと気虚かもしれません。
↓↓

  • 疲れやすく、いつもだるい
  • 胃がもたれやすい
  • 疲れると食欲がでない
  • ボーとしがちである
  • 手足が冷えやすい
  • 体温が低い
  • 不正出血になりやすい
  • 少し動くだけで息が切れる
  • 汗っかきである
  • 落ち込みやすく、傷つきやすい
  • 風邪をひきやすい、しかも治りにくい

 

また、気は食べ物を食べ、胃腸で消化吸収されることで生じますから、胃腸の働きが弱い体質の方や暴飲暴食や過労などにより機能が低下したりすると気が不足しやすくなります。

 

 

気虚を改善するには、気を生み出せるように温かくて消化の良いものを食べ、十分な睡眠と休息で気を養うことが大切になります。

 

 

気を養うのにおすすめの食材としては、朝鮮にんじんや牛肉、鶏肉、エビ、たまご、山いもなどがあげられます。

 

 

気滞(きたい)

 

気滞とは、緊張やストレスなどによりエネルギーである気の巡りが滞っている状態です。

 

 

気の巡りが滞ると血の巡りも悪化しやすくなります。

 

 

また、気の巡りが悪くなることでストレスに弱くなりやすくなり、ますます気の巡りが滞りやすくなるという悪循環にもなりやすいのです。

 

 

気が滞ると自律神経バランスが乱れやすくなり、精神的にも不安定になりやすくなります。

 

 

これらの症状に思い当たることが多いと気滞かもしれません。
↓↓

  • イライラしやすくて怒りっぽい
  • 目が充血する
  • のどがつまった感じがする
  • ストレスを感じやすい
  • ため息をつくことが多い
  • 寝つきが悪い
  • 便秘がちだったり、下痢しやすい、軟便になることもある
  • お腹にガスがたまりやすい
  • 生理前に体調不良を感じやすい

 

気滞を改善するには、なるべく気楽に過ごせるように工夫して、精神的なストレスを溜めないようにしていくことが大切になります。

 

 

気の巡りを良くするのにおすすめの食材としては、香りの良い野菜やお茶です。

 

 

香りの野菜としては春菊や三つ葉、パクチー、セロリ、シソ、バジルなどが、香りの良いお茶としてはジャスミンティーやミントティー、ローズティー、カモミールティなどがあげられます。

 

 

香りのあるものを摂ると、その香りが気の巡りを良くしてくれるというわけなのです。

 

 

香りのものが苦手な方はローズティーやカモミールティあたりから始めてみるといいかもしれません。

 

 

ローズティーはかすかにバラぽい香りで紅茶ぽくて飲みやすいです。

 

 

血虚(けっきょ)

 

血虚とは、血液が不足している状態です。

 

 

東洋医学では血は身体に栄養を与えるだけではなく、心の栄養ともなるとされています。

 

 

そのため、血虚になると身体面に不調が出るだけではなく不安感など精神的な面においても影響が出やすくなります。

 

 

また、血にはホルモンを運ぶ役割もあるため、血虚の状態を放置していると生理に問題が出たり、妊娠しづらい体質になってしまうこともあります。

 

 

血は夜作られ、目を酷使すると消耗すると言われていますから、夜更ししがちな方や目を使うことが多い方は注意が必要です。

 

 

これらの症状に思い当たることが多いと血虚かもしれません。
↓↓

  • 肌がかさつく、乾燥肌
  • 髪が細く痛みやすい、抜け毛も気になる
  • 顔色が悪いと言われる
  • 眠りが浅く、夢を見ることが多い
  • 目が疲れる、目がかすむ
  • 不安感を感じることがある
  • 便秘がちである
  • 爪がもろい、割れやすい
  • 月経量が少ない、月経周期が長い
  • のぼせやすい
  • 耳なりがある

 

血虚を改善するには、血を補える食事を積極的に摂ったり、血を十分に生成できるように夜更しをせずぐっすりと眠ること、血を消耗する目の酷使を避けることが大切になります。

 

 

血を補える食べ物としては、プルーンやなつめなどのドライフルーツや黒豆やひじき、黒ゴマなどの黒い食べ物、レバーや鶏肉、牛肉の赤身などのタンパク質があげられます。

 

 

津液不足(つえきぶそく)

 

津液とは血液以外の体液や分泌液のことです。

 

 

具体的にどんなものが津液に当てはまるのかというと、汗や尿、涙、唾液、皮膚・筋肉・臓器の細胞に含まれる水分、関節液などの体内の水分を指します。

 

 

津液は筋肉をはじめとする肉体をスムーズに動かすために必要なだけではなく、内臓がスムーズに機能するためにも欠かせないものになります。

 

 

そして、津液不足とは、身体を潤して心身の余分な熱を冷ます働きのある津液が不足している状態です。

 

 

そのため、津液不足になると身体の熱を抑えられず、寝汗などの汗をかきやすくなり体内の水分が不足気味になります。

 

 

津液は血液と同様に睡眠中に補われるとされていますから、夜更かしすることが多い方は注意が必要です。

 

 

これらの症状に思い当たることが多いと津液不足かもしれません。
↓↓

  • ノドがよく乾く
  • 目が乾燥する
  • 肌が乾燥し、赤みがある
  • 肌の毛穴がめだつ
  • 髪の毛がパサつく
  • 便秘がちでコロコロした便がでる
  • 寝汗が多い、寝つきが悪い
  • 尿の色が濃く、量が少ない
  • 関節が動かしにくい
  • 微熱がつづく

 

津液不足を改善するには、十分な睡眠で身体を休め、身体を潤せる食べ物で津液不足を解消していきます。

 

 

津液不足の改善に役立つ食べ物としては、身体を潤して冷やしてくれるトマトやメロン、梨や余分な熱を鎮めてくれるレンコン、キュウリ、豆腐、鶏肉、豚肉、ハチミツなどがあげられます。

 

 

血お(けつお)

 

血おとは、冷えや気の滞りなどのさまざまな原因により血がドロドロになり血流が悪くなっている状態です。

 

 

これらの症状に思い当たることが多いと血おかもしれません。
↓↓

  • 肩こり、頭痛がつらい
  • 肌がくすむ、クマができやすい
  • 唇が紫がかった色をしている
  • 静脈瘤がある
  • 月経痛が重い、レバーのような血の塊が出る
  • 肌が乾燥し荒れやすい、ザラつく
  • いつも同じ場所に吹出物ができる
  • 物忘れすることが多い
  • 感情が抑えられないことがある

 

血おを改善するには、とにかく血の巡りを良くしていくことが大切になります。

 

 

血の巡りは、運動不足や体が冷えることによっても起こりますし、エネルギーである気が滞ることでも起こります。

 

 

そのため、血おの状態を改善していくためには、適度な運動や血の巡りによい食べ物を積極的に摂ったり、気を滞らせないようにストレスを溜めすぎないように注意したり、身体を冷やさないようにすることが大切になります。

 

 

血の巡りを促せる食べ物としては、ショウガやニンニク、玉ねぎ、サバなどの青魚、色の濃いパプリカやトマト、ナス、セロリといった野菜などがあげられます。

 

 

痰湿(たんしつ)

 

痰湿とは、余分な水分や老廃物が体に滞っている状態です。

 

 

痰湿タイプの方には、味の濃い物を好んだり、アルコールやコーヒーなどの摂取量が多い、運動不足といった傾向があります。

 

 

というのも、痰湿になる原因として最も多いのが、胃腸を酷使することで消化や吸収、排せつが上手く機能しなくなることで体内によどみに濁ったものが溜まりやすくなるからです。

 

 

これらの症状に思い当たることが多いと痰湿かもしれません。
↓↓

  • むくみやすい
  • タンが多い、口が粘る
  • 軟便ぎみである
  • 尿が出にくい
  • 雨の日や湿度の高い日が苦手
  • 胃がつかえる感じがある
  • おりものが多い
  • 乗り物酔いしやすい
  • 鼻炎や鼻水が出やすい
  • ジクジクとした治りにくい吹出物ができる
  • 性格がわがままだ、見栄っ張りでもある

 

痰湿を改善するには、体内に滞りがちなものの排出を促せるように代謝機能を高めていくことがポイントになります。

 

 

例えば、有酸素運動で代謝を高めたり、低カロリーで食物繊維の多い食べ物を積極的に摂って体内の不要なものの排出を促すことが改善に役立ちます。

 

 

痰湿の改善におすすめの食べ物としては、昆布やワカメ、ゴボウ、レタス、白菜、大根、玄米などがあげられます。

 

 

また、体内の余分なものの排出を促す効果のあるお酢を活用するのもおすすめです。

 

 

 

このように、東洋医学で使われる体質にはさまざまなタイプがあります。

 

 

そして、漢方薬は、東洋医学による体質タイプに合ったものを選ばなければ十分な効果が得られません。

 

 

漢方薬で体質を改善しようと考えているなら、必ず自分の体質タイプに合った漢方薬を選び、続けていくことが大切になります。

 

 

 

Sponsored Link

 

 

 

冷え性におすすめの漢方薬は?

 

ここでご紹介している漢方薬はほんの一部ですが、参考にしてみてくださいね。

 

 

末梢冷え性でお困りの方に

 

当帰四逆加呉茱萸生姜湯(とうきしぎゃくかごしゅゆしょうきょうとう)

 

体力が中等度以下で手足の冷えがある、特に下肢の冷えが強い、頭痛、下痢、腰痛、月経痛がある方に。

 

当帰四逆加呉茱萸生姜湯は、身体を温めて熱を作り、手足などの末梢を温め、冷えと冷えによる諸症状を改善へと導きます。

 

 

 

冷え性と生理不順が気になる方に

 

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)

 

やせ型で体力のあまりない女性に向く漢方薬です。

 

足腰が冷える、顔色が悪い、生理不順がある、汗をかきにくい、疲れやすい、むくみがある、貧血がある、更年期障害といったお悩みがある方におすすめです。

 

全身に栄養を与えて血流を促すとともに利尿作用で余分を取り除いて冷え性を改善へと導きます。

 

 

温経湯(うんけいとう)

 

脈やお腹の力が弱い虚弱タイプの女性に向く漢方薬です。

 

顔はほてるのに足腰が冷える、産後の冷え性、生理不順や月経困難症、更年期障害といったお悩みがある方におすすめです。

 

身体を滋養しつつ血流を促して不調を改善へと導きます。

 

 

桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)

 

冷えのぼせ、下半身の冷え、生理痛が気になる方に向く漢方薬です。

 

滞った血の巡りを促すことで下半身の冷えや足の冷え、生理痛を快方へと導きます。

 

 

 

冷えと胃腸虚弱が気になる方に

 

安中散(あんちゅうさん)

 

体力中度以下で腹部に力がなく、冷えると胃が痛む、胃痛や腹痛があり胸焼けやげっぷ、胃もたれ、食欲不振、胃腸虚弱が気になる方に向く漢方薬です。

 

胃を温めることで快方へと導きます。

 

 

大建中湯(だいけんちゅうとう)

 

体力がなく、お腹が冷えて痛む、腹部膨満感がある方におすすめです。

 

血流を促してお腹を温め、胃腸の働きを促すことで快方へと導きます。

 

 

真武湯(しんぶとう)

 

虚弱な人で、疲れやすい、全身に冷えがある、めまい、下痢しやすい、胃腸虚弱が気になる方に向く漢方薬です。

 

新陳代謝を高め、水分の排出を促すことで快方へと導きます。

 

 

冷えと疲労感が酷い方に

 

十全大補湯(じゅうぜんたいほとう)

 

気と血が不足して、疲れて動けない、休んでも疲れが抜けない方に向きます。

 

十全大補湯は「完全に大いに補う」という意味の名で、身体を温め、エネルギーとなる血を補える滋養強壮のお薬です。

 

胃腸の働きを高め、食べ物からの栄養の消化吸収を促すことで気と血を増やして快方へと導きます。

 

 

 

冷えとイライラがある方に

 

加味逍遙散(かみしょうようさん)

 

「血(けつ)」の不足、「気」が余ることにより生じた、のぼせやイライラ、疲れやすい、気分が不安定が気になる方に向きます。

 

「血(けつ)」を補い自律神経を調整してイライラやのぼせを鎮め、血行を促します。

 

 

 

Sponsored Link

 

 

 

漢方薬はこんな場所で購入できます。

 

漢方薬というと、特殊な薬といった印象があるので「どこで購入すればいいの?」ととまどってしまいますね。

 

しかし、よくよく探してみると意外と身近な場所で購入できたりします。

 

どこで漢方薬が購入できるのかというと、一般的な薬局、漢方薬局、病院の3つの場所になります。

 

この3つの中で最もおすすめなのが、漢方薬局です。

 

なぜなら、漢方薬局は品揃えも充実していますし、漢方薬局の薬剤師さんは漢方の知識が豊富なので、体質や悩みに応じた漢方薬を見立ててもらえるからです。

 

同じ薬局でも一般的な薬局は品揃えが少ないのでおすすめしません。

 

また、病院でも漢方薬を処方してもらえるところがありますが、西洋医学がメインの病院では漢方が処方できるというだけで意外と先生に十分な漢方の知識が無かったりするところが多いです。

 

そのため、症状に応じた漢方薬を処方はしてもらえるけれど、体質に合っていなくて「効果を実感できない。。」とか、「他の気になる症状が出てきた。。」といったことにもなることもあります。

 

もちろん、病院でもなかにはとても漢方に力を入れていてしっかりと勉強している医師もいますが、その先生がどの程度の漢方の知識をもっているのかを見極めるのは難しかったりします。(実際に通院して漢方を処方してもらい、しばらく続けてみれば分かりますが。。)

 

病院に通うにはそれなりの時間がかかりますし、本当に自分に合った漢方薬を処方してもらえるかどうか定かではないといったことを考えると、やはり漢方薬は漢方薬局で購入するのがおすすめだったりします。

 

漢方薬局で購入する場合のポイントとしては、どんな症状で困っているのかを詳しく相談することです。

 

じっくりと詳細まで相談することでより体質や悩みに合った漢方薬を見立ててもらいやすくなります。

 

上方で記した体質タイプのところでは体質タイプの主な特徴を少しご紹介していますが、明確な体質タイプを見極めるのは素人ではなかなか難しかったりします。

 

漢方薬の効果はいかに体質に合った薬を選ぶかにかかっていますから、本当に漢方薬で改善したいと考えているなら、漢方薬の専門家がいる漢方薬局で選んでもらうのが安心で確実になります。

 

 

 

Sponsored Link

 

 

 

漢方薬と生薬配合のサプリメントの違いは?

 

最近では高麗人参などの冷え性にいいとされている生薬が配合されているサプリメントを見かけることも多いですね。

 

実際に、漢方薬とこういった生薬が配合されているサプリメントにはどちらもそれなりに効果がありそうな生薬の成分が配合されていたりします。

 

漢方薬の購入となると漢方薬局や病院へと出向く必要があったりしますから、通販などで手軽に購入できる生薬配合のサプリメントだとどうかな?とお悩みの方も多いのではないでしょうか。

 

では、漢方薬と生薬配合のサプリメントの違いは何かというと、その生薬の配合に東洋医学的な理論や根拠が有るか無いかの違いになります。

 

漢方薬には東洋医学的な理論や根拠が有りますが、生薬配合のサプリメントには有りません。

 

生薬配合のサプリメントには、ただ、メーカーによるその悩みに効果があるという理論と根拠が有るのみです。

 

こんな風に聞くと、「生薬配合のサプリメントにはあまり効果が期待できないのでは?」と心配になったりもしますが、きちんとしたメーカーならそのメーカーなりに研究開発をして効果が得られることを確認した上でサプリメントを作り販売していますから、それなりの効果は得られると思われます。

 

漢方薬と生薬配合のサプリメントのメリットとデメリットをそれぞれあげてみると、

 

漢方薬は体質に合ったものを選べば体質を改善して根本から改善できるというメリット、ただし、体質に合わないと意外な副作用が出るデメリットもあります。

 

一方、生薬配合サプリメントには体質にあまり左右されずに服用できる、サプリメントですから合わなくても副作用といった不調を感じることは少ないといったメリット、逆に効果が実感できないこともあるといったデメリットがあります。

 

このことから、本気で悩みを根本から解決したいと考えているなら漢方薬が、「少し調子が良くなればいい」とか「手軽に購入したい」と考えている方には生薬配合のサプリメントがおすすめかもしれません。

 

 

冷え性におすすめのサプリメントを見てみる>>

 

 

 

 

Sponsored Link