冷え性 食事

冷え性の改善におすすめの食事の摂り方とは?

 

冷え性の原因は血行不良や貧血、体の冷やし過ぎなど様々ですが、食事の影響も大きかったりします。

 

 

ここでは冷え性の改善におすすめの食事の摂り方についてご紹介しています。

 

 

 

冷え性を改善するための食事法は?

 

冷え性を改善するための食事の摂り方のポイントとしては、この4つが大切になります。
↓↓

  • 3食きちんと食べる
  • 過食しない
  • 体を温める食材を積極的に摂る
  • 偏食せずバランス良く食べる

 

3食きちんと食べる

食事は体のエネルギー源となるものですから、冷え性が気になるなら3食きちんと食べるのがおすすめです。特に朝食はしっかりと食べましょう。

 

 

朝食を抜くと体温が上がらずに低体温になりがちですし、血の巡りも良くなりません。

 

 

体の中で熱を発生させるには、タンパク質と脂質・糖質の3つをバランスよく食べることが大切です。

 

 

ですから、朝食でもタンパク質を摂るように心がけてみましょう。
卵や牛乳、納豆など手軽に準備できるものでOKですから、ひとつは加えるようにメニューを工夫してみて下さいね。

 

 

 

過食しない

食べ過ぎと冷えは一見関連が無いように見えますが、食べ過ぎると消化するために内臓に血液が集中してしまい末端が血流不足になります。

 

 

食事は腹八分目で抑えるように心がけましょう。

 

 

体を温める食材を積極的に摂る

食材には体を温める陽性の物と冷やす陰性の物があります。
ざっくりとした見分け方としては、産地や育つ場所、食べ物の色などで見分けられます。

 

 

陽性の食べ物は寒い地域で摂れる物や地面や水面の下で育つ物・色の濃い食材です。
例えば、根菜類のごぼうや人参、生姜、海藻類のひじきやわかめ、黒ゴマ、赤ワイン等があげられます。

 

 

逆に体を冷やす食材としては、南国の暖かい地域で摂れる物や色の白い食べ物です。
例えば、バナナなどの南国産のフルーツや白砂糖、バターやマヨネーズ等があげられます。

 

 

最近では季節を問わずトマトやナス等の夏野菜が食べられますが、夏野菜には体を冷やす作用がありますから、生食ではなく必ず加熱して食べるようにしましょう。

 

 

体を冷やす食べ物でも加熱して食べると体を冷やすパワーが弱まります。

 

 

 

偏食せずバランス良く食べる

炭水化物ばかりの食事や野菜を食べない食事など栄養バランスの偏った食事はタンパク質やビタミン、ミネラル等が不足して冷え性を悪化させる原因ともなります。

 

 

また、栄養の偏りで貧血になると血液量そのものが少なくなったり、酸素不足で不完全燃焼を起こし体を温められなくなります。

 

 

 

冷え性の改善には体を温める成分が摂れるサプリメントも役立ちます。

 

体を温めるのに役立つサプリメントをランキング形式でご紹介しています。
参考にしてみてくださいね。
↓↓
おすすめの体温めサプリメントを見てみる>>

 

 

 

Sponsored Link

 

 

 

おならが気になる方におすすめのアイテム

 

 

おならの解消におすすめのアイテムをランキング形式でご紹介しています。

 

参考にしてみてくださいね。

 

詳しくは画像をクリック↓↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おすすめ関連記事

 

 

Sponsored Link