ビオフェルミン おなら

ビオフェルミン飲んでもおならの悩みが解消しない。。その理由は?

 

ビオフェルミンは手軽に入手できる整腸剤ですから、おならのニオイや回数が気になった時に飲んでいるという方も多いですね。

 

実際に、ビオフェルミンを飲んだら、おならの悩みが改善したという声もよく聞きます。しかし、その一方であまり効果がなかった。。という声もあります。

 

腸に良い整腸剤を飲んでも効果がある人とない人、この両者の違いは何なのでしょうか?

 

結論から言うと、腸内フローラが一人一人違うからです。

 

腸内フローラとは、腸管内で多種・多様な細菌が集まり形成している細菌群です。この細菌が集まっている様が花畑のように見えるため腸内フローラと呼ばれています。

 

この腸内フローラには、大人1人の腸に約1,000菌種・数百兆個いるという推測もあり、膨大な数の菌が存在しています。そして、何より驚きなのが、この腸内フローラが一人一人違い、その構成する菌種が一生その人固有のもので変わらないところです。

 

この腸内フローラの特徴のため、ある人にとっては効果のある整腸剤が自分にとってはあまり効果が無かった。。ということが起こります。

 

ですから、整腸剤や乳酸菌サプリメントをある程度の期間飲んでいるのに変化が無い。。という場合には、あなたの腸内フローラに合っていないことが考えられます。

 

お金はかかりますが、違う物に変えてみましょう。

 

 

Sponsored Link

 

 

 

現存している善玉菌を元気にするのも腸内環境の改善には有効です。

 

また、そんなにあれこれと整腸剤や乳酸菌サプリメントばかり購入するのは嫌!という場合には、今、腸内に存在している善玉菌を元気にして腸内環境を改善していくこともできます。

 

どうやって善玉菌を元気にして増やすのかというと、
そのエサとなる食物繊維オリゴ糖を積極的に摂るようにしていきます。

 

ただし、オリゴ糖も食物繊維も取り過ぎると却って下痢や便秘を引き起こしてしまいますから、ほどほどに摂ることが大切です。

 

おすすめの食物繊維の摂り方

食物繊維を摂る際のポイントとしては、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維をバランスよく摂ることです。
不溶性食物繊維は野菜やイモ類などに含まれている食物繊維で水溶性食物繊維は海藻類に含まれているものになります。

 

この不溶性食物繊維と水溶性食物繊維を2:1の割合で摂るのがおすすめです。こうすることで、便秘になりずらく腸内環境をベストな状態にキープできます。

 

もっと食物繊維の摂り方ついて知りたい方はこちら>>

 

 

おすすめのオリゴ糖の摂り方

オリゴ糖は摂り過ぎるとお腹が緩くなったり、下痢したりしがちですから、一度にたくさん摂るのではなく様子を見ながら少しずつ量を増やしていきましょう。

 

摂取目安としては、こちらです。
↓↓

  • 整腸作用や健康維持目的なら⇒1日に大さじ1〜2杯程度
  • 便秘気味の方なら⇒1日に大さじ2〜3杯程度

 

オリゴ糖の摂り方は、紅茶やコーヒーなどの飲み物に入れても、調味料として料理に入れてもOKです。
高温での加熱調理をしても問題ありませんから、お好みの方法で摂ってみて下さいね。

 

オリゴ糖はスーパーなどの量販店でも購入できますが、なかにはオリゴ糖だけではなく様々な糖分が配合されていて、肝心のオリゴ糖の含有量が少ない物もありますから注意して購入するようにしましょう。

 

腸内環境の改善を目的として作られたオリゴ糖です。
↓↓
カイテキオリゴ 詳細を見てみる>>

 

 

 

Sponsored Link

 

 

 

おならが気になる方におすすめのアイテム

 

 

おならの解消におすすめのアイテムをランキング形式でご紹介しています。

 

参考にしてみてくださいね。

 

詳しくは画像をクリック↓↓

 

 

 

 

 

 

 

おすすめ関連記事

 

 

Sponsored Link