青汁 冷え症

青汁で冷え症は改善できる?※総合的には貢献してくれるものだった

 

よく青汁は生野菜から作られたものだから体を冷やす作用があると言われていますね。

 

 

その一方で、青汁が冷え症の改善にもいいといった情報を聞くこともあります。

 

 

青汁が健康にいいのは間違いなさそうですが、青汁には体を冷やす働きがあるという情報がある以上冷え症が気になる場合には飲まない方がいいのかと悩んでしまいますね。

 

 

実際のところ、青汁は冷え症の人にとって摂った方がいいのか摂らない方がいいのかどちらなのでしょうか?

 

 

 

青汁は総合的にみると冷え症の改善に貢献してくれると言えます

 

青汁は生野菜から作られたものですから、確かに一時的には体を冷やすことになるかもしれません。

 

 

しかし、青汁には体にとって良い効果が期待でき、冷え症の改善にも間接的に貢献してくれますから摂らないよりは摂った方がいいと言えます。

 

 

とくに野菜不足が気になる方は青汁は飲んだ方がいいでしょう。

 

青汁と冷え症の改善の関係は?

 

青汁は腸内環境を改善したり、造血ビタミンとも呼ばれる葉酸が補給できることで冷え症の改善に役立ってくれます。

 

 

腸内環境の状態と冷え症の改善に関係があると聞くと意外な感じがするかもしれませんが、実は腸内環境の状態と冷え症には密接な関係があります。

 

 

なぜなら、腸内環境が悪化すると腸内で発生した有害な成分までもが血液に含まれてしまい血液が汚れて血流が悪くなってしまうからです。

 

 

血流が悪くなると当然体が冷えやすくなります。

 

 

一方、腸内環境が良いと腸内で有害な成分が発生しにくくなりますから、血液の状態も綺麗でサラサラと流れやすくなります。

 

 

血流が良くなると体が冷えにくくなります。

 

 

青汁にはダイオキシンなどの環境汚染物質を体外に排泄するデトックス効果が期待できたり、食物繊維が豊富に含まれているため腸の働きを促したり、善玉菌を増やす働きが期待でき腸内環境の改善に役立ってくれます。

 

 

とくに便秘が気になる方にはおすすめのアイテムになりますから活用してみてください。

 

 

そして、また、青汁には造血ビタミンとも呼ばれている葉酸が含まれています。
貧血気味で血の量が少なくても体が冷えやすくなります。

 

 

葉酸は栄養バランスの良い食事をしていれば不足することはないビタミンだと言われていますが、野菜を摂る量が少ない方は不足気味になっていることも考えられます。

 

 

1日あたりに摂りたい野菜の摂取目安量は350gとされています。この350gは生野菜だと両手に一杯の量になります。

 

 

野菜は十分に摂れていますでしょうか?

 

 

また葉酸には細胞の再生を助ける働きがあります。

 

 

胃や腸は細胞分裂が盛んな粘膜になりますから、葉酸が不足気味になると潰瘍になりやすくなると言われたりもします。

 

 

 

Sponsored Link

 

 

 

青汁で一時的に体が冷えるのが気になるなら

 

青汁の体を冷やす作用が気になるなら、青汁をお湯で作ったり、体を温める作用のある生姜などを加えて飲んでみるのがおすすめです。

 

 

青汁の体を冷やす作用が中和されます。

 

 

体を冷やす作用があるかもしれませんが青汁にはそれを上回るメリットがあります。体を冷やす作用についてはあまり気にし過ぎずに青汁を活用してみましょう。

 

 

腸内環境の改善におすすめの青汁を見てみる>>

 

 

また、最近では温め効果のあるサプリメントも販売されています。

 

こういったサプリメントを活用してみると、身体の内側からポカポカとして辛い冷え症を軽減することができます。辛い冷え症でお悩みなら試してみてくださいね。

 

おすすめの温めサプリメントを見てみる>>

 

 

 

 

Sponsored Link